本をネットで注文して近くの書店で受け取り・支払いができる「オンライン書店e-hon」

新聞や雑誌の広告でパッと目に入った気になる本。近所の書店に行って本を探して…、もしなければ注文?面倒だな・・・と思ったりしませんか?今日ご紹介する本屋さんでの受け取りなら、送料無料!【オンライン書店e-hon】は、ネットで欲しい本を検索・注文して、受け取り、支払いは書店でできるというサービスです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

書店で本を探してもらうときのコツ

書店に行って本を探してもらおうとしたとき、本のタイトルってうろ覚えなことってありませんか?パソコンを使って書店の人が本を探してくれるのですが、1文字でも違うと検索候補に上がってこないということがよくあるそうです。

書店で働く友達に聞いてみたところ、本の背表紙に記載されているISBNというナンバー(13桁または10桁)を教えてくれると見つかりやすいよと教えてくれました。

もうひとつ、何かで見たという場合、広告などの紙ベースならそのまま持ってきてくれると探しやすいと言っていました。

ISBNか切り抜きか。これを持っていくと書店の人も探しやすいというわけですね。

ネット検索で見つけたけれど、ネット注文には不安がある

パソコン教室に来ている人の約半数は、ネットショッピングに関心があるけれど個人情報とか支払いとかそのあたりに不安を持っているという話をよく聞きます。

確かに、手にもって物を確かめて買うことはできないですし、ネットショッピングの決済といえば最近ではクレジットカードが多くなりましたし。お店を見たわけじゃないし、人ともやり取りをしていないし、高齢者がネットショッピングに対して不安を感じる気持ちはよくわかります。

関連記事 インターネットでお買い物してみたい方へ。ちゃんとチェックしていますか?

通販は怖くないのかという話になりましたが、それは相手と電話でやり取りしているし、言われたことを答えればいいから少し安心だと言う人が多いです。

たぶん、ネットショッピングは決済までの流れをすべて一人でやるというのも不安要素のひとつじゃないかなと思いました。

ネットショッピングで本を買おう e-honの使い方

まずはe-honに会員登録

本屋さんでの受け取りなら、送料無料!【オンライン書店e-hon】に会員登録をします。登録内容は名前や住所、電話番号とメールアドレスを入力することになります。

登録が完了すれば、次回からは会員IDまたはメールアドレスとパスワードを入力するだけで上記に示した情報を入力する手間が省けます。

e-honで近所の書店をMy書店に登録すれば、書店の店頭で本を受け取ることができます。宅配もできますが送料がかかる場合もあるので、個人的には書店での受け取りをおすすめします。

e-honで本を見つけよう

e-honのホームページで本を探すとき、タイトルや著者、出版社などの情報で本を探すことができますが、一番いいのは、やっぱりISBNでの検索が検索結果が1冊のみなので、画面をスクロールして探し出すよりは効率がいいと思います。

e-honのこだわり検索をクリックすると、ISBNコードが入力できる欄があるので、そちらを使ってもらえると見つかりやすいと思います。

e-honでの支払い方法

購入方法はクレジットカードが使えますが、先ほどのMy書店を登録していれば店頭での購入が可能です。

出荷メールが届いたら店頭へ

出荷されると出荷のメールが届きます。そのメールを印刷して持っていかなければならないのか?と聞かれたことがありますが、メールを印刷して持っていく必要はありません。

店頭でお名前を伝えれば梱包された本を受け取ることができます。

ネットで本を購入するひとつの手段、e-honの使い方のまとめ。

インターネット上で商品(本)を注文するのは少し抵抗があるかもしれません。例えば個人情報やクレジットカード情報を入力するとか・・・。

こちらのe-honは会員登録時には情報入力が必要になりますが、それ以降は会員IDまたはメールアドレス、パスワードを入力すればよいだけになりますので、少しだけですが不安は解消するのではないかと思い、インターネットで注文し、書店で受け取る、支払うことができるこのe-honをご紹介いたしました。






記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする