Internet Explorerに保存したパスワードを確認する方法と注意点

この記事は約4分で読めます。

インターネット上で利用できるサービスには会員登録をすることでより利用しやすくなるところがあります。会員登録には個人情報の他にIDやアカウント、パスワードを設定する必要があるのですが、このIDやアカウント、パスワード、どのように管理されているでしょうか。

ブラウザソフトのひとつ、Internet Explorerを使って会員専用のページに入ろうとすると、「このサイトでパスワードを保存しますか?」と表示されるのですが、保存したことがある人は多いのではないでしょうか。

Internet Explorerにパスワードなどを保存すると、そのページを開くと自動的にパスワードが入力されてとても便利なのですが、パソコンを買い替えた時など、いざ自分でパスワードを入力しようとすると思い出せない、そんなことはないでしょうか。

Internet Explorerに保存したIDやアカウント、パスワードなどを確認するにはどうすればいいかをまとめます。

スポンサーリンク

InternetExplorer11に保存したパスワードを確認する方法は?

Internet Explorer(バージョンは11)に保存したIDやアカウント、パスワードを確認するには、インターネット オプションを使います。

Internet Explorer11の画面右上にある歯車のマーク(ツール)をクリック→「インターネットオプション」をクリックします。

インターネットオプション画面で「コンテンツ」タブをクリック→オートコンプリートにある「設定」ボタンをクリックします。

「パスワードの管理」ボタンをクリック

確認したいホームページをクリックし、パスワードの欄の「表示」をクリックします。

Windows10の場合、パソコン起動時に使用しているパスワードの入力を求められるので入力してもらうと、そのサイトのパスワードを表示させることができます。

Microsoft Edgeに保存したパスワードを確認する方法は?

Microsoft Edgeもブラウザソフトのひとつです。

Microsoft Edgeに保存したIDやアカウント、パスワードを確認するには、画面右上にある「…」をクリック→「設定」をクリックし、「パスワード&オートフィル」をクリック→「パスワードを管理」ボタンをクリックします。

Microsoft EdgeにIDやアカウント、パスワードを保存したくないなら、パスワードを保存するをオフにしておきましょう。

ブラウザにIDやアカウント、パスワードを保存する際の注意点は?

ブラウザにIDやアカウント、パスワードなど覚えづらいものを自分に変わって覚えてくれて、おまけにそのホームページを表示するだけで入力が終わっている。

パソコンだけじゃなくスマホやタブレットでも同じですが、会員サービスを利用するごとにIDやアカウント、パスワードを覚えておくことはとても難しいです。

だから、そういう機能がブラウザについたのでしょう。

あなたのパソコンを起動できればそのホームページにあなたとしてログインされてしまう可能性がある

確かに便利な機能ではあるのですが、これはあなたのパソコンを起動できる人であれば自動的にそのホームページにあなたとしてログインができてしまうということになるのです。

たぶん、IDやアカウント、パスワードが必要なホームページと言えば、ある程度の個人情報を登録している可能性がありますよね。それも見られてしまう可能性が高まってしまいます。

せめて、パソコンを起動したときにパスワードを入力しないと起動できないようにしておいてもらえれば少しはその危険性は下がるとは思いますが…。

セキュリティソフトの中にはパスワードを保存することができるものがある。

定番のセキュリティソフト ノートン セキュリティ ウイルスバスター クラウドでセキュリティ対策! といったセキュリティソフトの中には、セキュリティソフト自体にパスワードを保存し、管理する機能がついているものがあります。

セキュリティソフトを購入される際には、パスワードの保存および管理ができる機能が搭載されているものを購入するのも一つの手です。

ただし、このセキュリティソフトが持つパスワード管理ツール自体を動作させるためのパスワードを設定しますので、これだけは覚えておかなければならないのでご注意を。

ブラウザに保存したパスワードを確認するには。のまとめ

ブラウザ自体がパスワードを記憶してくれる、オートコンプリート機能はとても便利で助かる機能です。

ただブラウザが覚えてくれているからと自分が忘れてしまってもいいということではありません。万が一忘れても上の操作でパスワードを確認することができますので、何かにメモして人の目に触れないように保管しておくようにしてくださいね。

それから、パソコンを起動するときにパスワードの入力を省略させることができるのですが、できれば上に書いた危険性もあるので、パソコンを起動するときのパスワード入力は省略しないようにしてほしいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とインターネット
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました