無線LANでインターネットに接続するには

インターネット接続はいまや無線LANの時代。何かにつけこの言葉を目にする機会が増えました。無線っていうことは線を繋がなくて繋がるってことでしょ?ここまでは分かるけれど、実際はどうやって繋がることができるのか、そのあたりについて今日は書いてみようかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

まず今のインターネット接続環境を確認してみよう

家庭内にインターネットの接続環境があるかというのをまずはチェックしてみましょう。インターネットに接続するにはモデムという機械が必要になります。

これはプロバイダとか通信会社などからレンタルすることが多いです。いろんな形や機械があると思います。

フレッツ〇〇とか聞いたことがあるかと思いますが、それに加えて、いろいろな会社がインターネット接続に必要な回線を提供しています。

ご自身がどこと契約しているんだろう、まずはそこから確認してみましょう。

無線LANを導入するには、無線LANルータが必要です

ま、これも一時に比べれば必須ではなくなってしまいましたが、多くの場合、モデムという機械自体に無線LAN機能が付いていない場合、無線LANルータと呼ばれる機械をモデムと接続する必要があります。

これは家庭内に入ってくるインターネット回線を無線LANルータを使って電波に変えてパソコンやスマホ、タブレットをインターネット回線に繋ぐという役割を担っています。

最近では、モデム自体に無線LAN機能が付いているものもあるので、モデムをしっかりチェックしてみましょう。

無線LANルータの選び方

これは実はお家の状態によって選択肢が変わってきます。マンションだったり、一軒家だったりでも違いますし、木造かそうじゃないかによっても違います。それから使用する機器の数にも比例してきます。

そもそも通信回線の速度や安定性にも関係してくるので、どれがいいと示すことができないのですが、どんなふうに使っていきたいかというところで下記のようなことを考えてもらってから無線LANルータを選んでもらえたらと思います。

  • 家の大きさ、部屋数
  • 接続したい台数(パソコン、スマホ、タブレット。他にゲーム機や家電も合わせた数)
  • インターネットを繋いで使いたいサービスは(メールや調べものくらいなのか、動画もガンガン見るのか)
  • 通信回線の契約速度(これが低いと無線接続の安定感が下がる)

無線LANの規格にはいくつか種類がある

店頭に並んでいる無線LANルータには5,000円程度から10,000円を超えるものまでたくさんあります。

簡単に言えば、高ければ高い方が…なのですが、いくら高いものを購入してもそもそものインターネット接続速度が低いにも関わらず高い無線LANルータを買っても、その性能を活かしきれていないという状態になってしまいます。

商品説明に書かれているIEEEという言葉で始まる暗号のようなもの、これが無線LANの規格になります。

  • IEEE802.11a(5.2GHz帯 )
  • IEEE802.11b(2.4GHz帯)
  • IEEE802.11g(2.4GHz帯)
  • IEEE802.11n(2.4GHz帯+5.2GHz帯)
  • IEEE802.11ac(5.2GHz帯)

一番下の規格になると、この記事の投稿時点では最も普及している規格です。

ただし、普及しているからといって万能なわけではなくて、無線LANを使ってインターネットにつなげたい機器自体の規格が、この一番普及しているタイプに合わないという事例がよくありますので、できればパソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機、家庭家電などの商品情報をメモして店頭の方にお見せした方が無理なく無駄なく選ぶことができるんじゃないかと思います。

上記に示したカッコ書きの中にある、2.4GHz帯はというと、電波が届く範囲は結構あるし、対応している機器も多いです。しかし、あらゆるものに影響されてしまうので思ったより電波が届かないという性質があり、5.2GHz帯は電波の届く範囲は狭いけれど影響を受けづらいといった特徴があります。

初心者の方におすすめしたい無線LANルータは?

個人的な考えを書いてしまうと、つなげるのが比較的簡単なものがいいかなと思います。

おすすめは、バッファローという会社の商品。種類が豊富で多機能。つなぎ方も比較的手数が少なくて済みます。

今日からはじめるWi-Fi(ワイファイ)ガイド | BUFFALO バッファロー | BUFFALO バッファロー
Wi-Fi(ワイファイ)初心者の方もこれで安心!Wi-Fiの基本から活用方法をやさしくご案内。あなたの疑問もこれですっきり、今日からWi-Fiをはじめられます。

特にこのページは読みやすいなと個人的に思うので、導入サポートをさせてもらう方には必ず読んでいただくようにしています。

あとは先ほども書きましたが、つなごうと思っている機器がどんなものかというのをメモして店頭に行っていただくことが一番のおすすめです。

これが分かるか分からないかによっては選択肢の絞り込みが全然違います。

無線LANでインターネットに接続できない場合に試してほしいことは

まずは、パソコンの再起動。シャットダウンではなくて再起動です。

これがダメなときは無線LANルータの電源を落としてみる。しばらく置いてからもう一度電源を入れてみる。この時はパソコンの電源は一旦落としておいて、無線LANルータのランプが点灯したのを確認してからパソコンの電源を入れてもらった方がいいかも。

これでだめなら、無線LANルータの電源を落とした後、モデムの電源も落とします。しばらく置いてからモデムの電源を入れてみてランプが点灯したら、無線LANルータの電源を入れる。無線LANルータのランプが点灯したらパソコンの電源を入れます。

これが一番初めにやってみてほしいことになります。他に原因があるかもしれませんが、これで接続できればOKですし、ダメならサポートデスクに連絡してみたほうがよいと思います。

まとめ。

無線LANに繋ぐというと昔は設定とかいろいろあって大変な作業でしたが、今は初心者の方でも扱えるようにルータの各メーカーがいろいろな機能を付けてくれています。

パソコンがLANケーブルの届く範囲でしかインターネットに繋げない、なんていうことも少なくなってきている今、無線LANの導入はハードルが下がってきています。

ただし、無線LANルータの種類が増えたことで、どれを選ぶといいのかというのが難しくなったのも事実。ご自身の環境を踏まえたうえで、どれがベストかという選択ができるといいなと思います。




記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする