PDFファイルを開くとMicrosoft Edgeが開く。PDFファイルをAdobe Acrobat Readerで開くようにするには

スポンサーリンク
Microsoft EdgeでPDFファイルが開く。Acrobat Readerで開くにはどうする?高齢者とパソコン
高齢者とパソコン
この記事は約3分で読めます。

以前、「Microsoft EdgeでPDFファイルを開こうとするとダウンロードするようになった。ダウンロードせずにMicrosoft Edgeで直接PDFファイルを開くことはできないのか」と質問がありましたが、この件に関してはMicrosoft Edgeの設定を変更することで解決できました。

今回いただいた質問は、「パソコンに保存してあるPDFファイルを開くとき、以前は、Adobe Acrobat ReaderというPDFを見るためのソフトが起動したのに、Microsoft Edgeが起動するようになった。元のAdobe Acrobat Readerで開くようにできないか」というもの。

スポンサーリンク

PDFファイルを開くとMicrosoft Edgeが開くようになった。PDFファイルをAcrobat Readerで開くには

PDFファイルは閲覧用のソフトがなくてもMicrosoft Edgeなどのブラウザで開くことができる

PDFファイルを作成するにはPDFファイルを作成するためのソフトが必要なのですが、PDFファイルを見るだけなら、Acrobat ReaderのようなPDFファイルを開くためのソフトがパソコンに入っていなくてもブラウザ(ホームページを見るためのソフト。Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど)で見ることができます。

Acrobat Readerとは

PDFファイルを開いたり印刷したり、PDFで作成されたフォームに入力したりすることができるのがAcrobat Readerです。Acrobat ReaderはAdobeが無償で配布しているので、ダウンロード・インストールすることで使用することができるようになります。

AdobeのAcrobat Reader以外にもAcrobat DCというものがありますが、こちらはサブスクリプション(有償)となるので入手する際はよく確認しましょう。

PDFファイルは開くことができるソフトによってアイコンが違う

パソコンに保存されているPDFファイルのアイコンを見てみましょう。

下のアイコンのうち、どちらのアイコンになっているでしょうか。

Microsoft Edgeで開くPDFファイルのアイコン
Adobe Acrobat Readerで開くPDFファイルのアイコン

左側がMicrosoft Edgeで開くPDFファイルのアイコン、右側がAdobe Acrobat Readerで開くPDFファイルのアイコンです。

パソコンに保存したPDFファイルをAcrobat Readerで開くには

PDFファイルのアイコンにマウスポインタを合わせて右クリック→「プログラムから開く」→「Adobe Acrobat Reader」で開くことができます。

「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」と進み、Adobe Acrobat Readerを選択し、下にある「常にこのアプリを使って、.pdfファイルを開く」にチェックを入れれば、次回から上の操作は不要になり、常にAdobe Acrobat ReaderでPDFファイルを開くことができます。

スポンサーリンク

パソコンに保存したPDFファイルを開こうとするとMicrosoft Edgeで開いてくるのは、PDFファイルを開く既定のアプリがMicrosoft Edgeになっているため、でした。

PDFファイルをMicrosoft Edgeで開いてもAdobe Acrobat Readerで開いても「見ること・印刷すること」はどちらでもできますが、印刷する時に少し使い勝手が変わるように思います。

タイトルとURLをコピーしました