高齢者のパソコン選び。買って後悔しない選び方。

高齢者とパソコン

教室で「高齢者が使いやすいパソコンはどんなパソコン?」と聞かれることがよくあります。

確かにパソコン選びは種類があり過ぎて、店頭に並ぶのを見るだけでも一苦労。おまけに何やら数値やら専門用語が並ぶPOP。店員さんのアドバイスに、家族の一声。

そのうち選ぶのに疲れたり、混乱してきたりして、「もういいや…」っていう方おられませんか?

高齢者が使うパソコンを購入するときにこういうことをチェックしてもらえたらいいなと思うことを今日は書いてみようと思います。

スポンサーリンク

高齢者にとって使いやすいパソコンとは?

では、実際に店頭にずらっと並んだパソコンのどこをチェックしてもらえばいいかを書いていこうと思います。

使っている人がいるメーカーのパソコンを購入したほうがいい

まず、ご自宅にパソコンが一台もない、今回購入するパソコンが初めてという方ならそこまで気にする必要はありません。

もし、買い替えあるいは追加購入するなら、前機種と同じメーカーのパソコンを購入されることをおすすめします。

なぜなら、メーカー製のパソコンの場合、メーカーが独自にインストールしているソフトが入っているので、動作がよく似ていることがあるからです。

店頭に並んでいるパソコンの種類が多いメーカー製のパソコンがお勧め

パソコンを購入する場合、ネットショップで購入するのではなく店頭で現物を見てパソコンを購入したいと考える高齢者は多いです。

一度、いつも利用されている店舗で現物を見ていただくのが一番です。そのとき、店頭に並んでいるパソコンのメーカーをよく見てほしいのですが、その店舗が取り扱っているパソコンのメーカーを見てみると多いメーカーと少ないメーカーがないかを確認してください。

取り扱っているパソコンの種類が多いメーカー製のパソコンなら、その店舗自体が持つノウハウが多い、つまり不具合が起きても対処するだけの経験値がある。

何かあっても対応してもらえる(あくまでも保証期間内に限りますが)、これは高齢者にとっては大きな安心材料になるのではと考えます。

家庭内に無線LANがあるなら、ノートパソコンがお勧め

ご自宅にスマホやタブレット、ゲーム機などをインターネットに接続するための無線LANがあるなら、ノートパソコンをお勧めしています。

家の中はもちろん、パソコンにトラブルがあったときも店頭に持っていきやすいです。

ただ、ノートパソコンにデメリットがあるとすれば、持ち運べるということは落としてしまったりぶつけてしまったりして壊れる可能性があることでしょうか。

最近のノートパソコンは、画面を閉じればスリープ状態にすることができますが、スリープ状態での持ち運びは中にあるハードディスク(HDD)を破損してしまう可能性があります。

それらに気を付けていただければノートパソコンのほうが使い勝手はいいかと思います。

次からは、パソコンのスペック(性能)について書いていきます。できれば、家電量販店のチラシなどを手元において読んでいただければと思います。

高齢者にお勧めしたいパソコンをスペック面から見てみよう

まず、チラシを見ていただくとパソコンの価格の近くにスペック(性能)やインストールされているソフトの名称などが書かれています。

注目していただきたいのが、「CPU」の項目。

CPUは後から付け替えることはできません。かといって必要以上に高性能なものを購入する必要もありません。

安価のパソコンの場合、よく使われているのがCeleronというCPUですが、できればCore i3くらいはあったほうがいいです。

でも、本音を言えばCore i5くらいはあったほうがいいかな。

ざっくり言うと、お尻にHzという単位がついた値があるかと思いますが、このHzという単位がついた値が大きいほうがいい。

ただ、CPUについては性能が上がれば上がるほど価格も高くなりますので、お財布とよく相談してください。

目安としては、メールやインターネットでホームページを見る程度、たまにWordやExcelを使うくらい、というのであればCore i3くらいでも大丈夫じゃないかと思いますが、今後、Windows10がどんどん進化していくと対応できなくなるかもしれない、そのことを頭において選ぶようにしてくださいね。

次に「メモリ」。

メモリとは、よく机の大きさに例えられますが、値が大きければ大きいほど机が大きく広くなります。机が大きく広くなればなるほど、同時に作業できるものが増えますので、フリーズ(パソコンが固まるとよく言われます)しにくくなります。

ちなみに、Windows10というOSが動作するためには4GB以上と書かれていますが、できれば8GBはあったほうがいいです。

メモリの値が大きければ起動も早いですし、反応も早くなります。

保存容量の大きさ。ハードディスクについて

最後に、保存容量の大きさですが、写真をたくさん保存したいというのであれば保存容量が大きいほうがいいですが、これも保存容量の大きさによって価格が変わってきます。

できれば保存容量の大きさは大きいに越したことはありませんが、500GB以上あれば良しとされてもいいかもしれません。

最近では、OneDriveなどのオンラインストレージサービスがたくさんありますので、大事なデータはオンラインストレージに預けることでパソコン自体の保存領域を空けることもできます。

「OneDrive」とは。オンラインストレージサービスとは。
Word2013以降、「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックした後の挙動が変わりましたね。今までは、「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックすると別画面が表示されて、ファイル名を付けるところと、保存先が選択できるようになっていまし...

また、パソコンのスペックに書かれている保存容量を表す部分に、HDDと書かれていたりSSDと書かれていたりすることがあります。

HDDは昔からある保存機器、SSDは最近登場した保存機器なのですが、SSDのほうが動作が早く性能がいいです。ただ、SSDのほうが性能はいいけれど、価格が高くなります。

では、ここからは機械的なところに着目してご紹介していきます。

まずは、画面の大きさ。画面は大きいに越したことはありませんが、大き過ぎると持ち運びが大変になるかもしれません。15.6インチくらいで大丈夫かと思います。

ちなみに、解像度を表す言葉にはいろいろありますが、解像度の比率によって画面の見え方が変わります。

一昔前までは4:3、今は16:9が主流となっています。できれば1280×720以上あれば、ソフトの操作画面が変に縮小されずに表示できるかと思います。

ただ、画面が大きいのに表示される文字が小さいときがあります。これは画面の解像度を変更すれば解決する場合が多いです。

ご自身のパソコンの解像度を調べるには、デスクトップ上の何もないところで右クリック→ディスプレイ設定から確認できます。

DVDドライブは付いていた方がいい

DVDで映画やミュージックビデオを見ないからDVDドライブは要らないと言われることもあります。

また、画面の小さいパソコン(モバイルパソコンと言います)だとDVDドライブが初めから付いていないこともあります。

個人的には、Blu-rayドライブまでは要らないかもしれないと思いますが、最低でもDVDドライブは付いていた方がいいと思います。

以前、ソフトのインストールを依頼されたのですが、その方のパソコンにはDVDドライブがなく、インストールするのに外付けのDVDドライブを持ち込む羽目になったことがあります。

できれば、最初からDVDドライブが付いているパソコンを購入されることをお勧めしたいです。

DVDドライブがあれば、パソコンに保存してある写真やデータなどのファイルをDVD-Rに保存する、バックアップとして使うこともできます。

USBポートは3つ、付いているほうがいい

最近のパソコンは、Bluetoothで接続するマウスが増えましたね。USBで接続するマウスは有線でもありますし、Bluetoothの送受信にUSBポートを使う場合もあります。

プリンタの接続にもUSBポートを使うことがありますし、USBメモリなどもUSBポートを使うことがあります。

どちらにしてもマウスの接続にUSBポートをひとつ使いますので、できればあと2つUSBポートが付いているパソコンを選んでほしいなと思います。

最低でもインストールされているほうがいいソフトは

では、最後にソフトについてですが、WordやExcelが使えるようになるMicrosoft Office(正確には、購入後インストールしますが、価格に含まれている)、筆まめ、筆王、筆ぐるめなどの年賀状作成ソフト、インターネットやメールを使うのであればセキュリティ対策ソフトが価格に含まれているパソコンを購入することをお勧めします。

WordやExcelが使えるようになるMicrosoft Officeには2つのタイプがあります。一度購入(パソコンの価格に含まれている)すればずっと使い続けられるタイプと毎月もしくは毎年支払うことで使用を継続できるタイプです。

Microsoft OfficeとOffice365の違いは?
パソコンを購入しようと店頭やチラシなどを見ていると、office365とoffice2016という言葉が目に入ってくるようになりました。 どちらも同じようにWordやExcelなどのMicrosoftのOfficeソフトを使用できるの...

WordやExcel、セキュリティ対策ソフト、年賀状作成ソフトなどは後から別に購入してインストールすれば使えるようになりますが、パソコンの価格に含まれている状態で購入したほうが、インストールする手間は省けます。

スポンサーリンク

パソコンを買い替えるならここも合わせてチェック

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室