高齢者のパソコン選び。買って後悔しない選び方。

高齢者とパソコン

教室で「高齢者が使いやすいパソコンはどんなパソコン?」と聞かれることがよくあります。

確かにパソコン選びは種類があり過ぎて、店頭に並ぶのを見るだけでも一苦労。おまけに何やら数値やら専門用語やらが並ぶPOP。店員さんのアドバイスに、家族の一声。

そのうち選ぶのに疲れたり、混乱してきたりして、「もういいや…」っていう方おられませんか?

高齢者が使うパソコンを購入するときにこういうことをチェックしてもらえたらいいなと思うことを今日は書いてみようと思います。

スポンサーリンク

どのパソコンメーカーのパソコンを選ぶか

自宅にパソコンが一台もない、初めてパソコンを購入するなら

店頭に並んでいるパソコンのメーカーをよく見てください。

たとえば10台パソコンが並んでいるとしてどのパソコンメーカー(富士通やNEC、東芝など)が一番多く並んでいるでしょうか。

わたしの経験からすると、そのお店が扱い慣れているパソコンメーカーのパソコンは台数が多いです。お店が扱い慣れているということはいろんな事例を蓄積しているということ。困ったことがあっても対応してもらいやすいと思います。

家にパソコンがあって自分用にもう1台パソコンを買うなら

家にパソコンが1台以上あって、自分用にもう1台パソコンを購入したいなら同じパソコンメーカーのものを選ぶといいと思います。

メーカー製のパソコンにはメーカー独自のソフトがインストールされていることが多く、知らない間にそのソフトを使っていることも多いです。

古いパソコンでできていたことができないというのはストレスですので、同じパソコンメーカーのパソコンを選んだほうがいいと思います。

そのときは、家にあるパソコンのメーカーとOS、よく使っているソフトがあればソフトの名前を伝えてもらうといいと思います。

スポンサーリンク

パソコンをどこで使う?パソコンの置き場所を決めておこう

店頭に並んでいるパソコンは意外と小さく見えます。実際に家に持ち帰ると想像より大きいということはよくあります。

パソコンを買う前に自分がどこでパソコンを使おうと思っているのか、またどこにパソコンを置いておくのかは初めに決めておいたほうがいいです。

ノートパソコンなら食卓の上でも使うことができますが、最近のデスクトップ型のパソコンはテレビ画面と同じくらいの大きさなので、パソコンを置きたい場所の大きさは測っておいたほうがいいと思います。

デスクトップ型パソコンを購入するなら、モデムやルータからの距離も測っておきましょう(有線LANの場合)。

一昔前と比べればノートパソコンの価格はずいぶん下がってきましたので、家の中を持ち運べる、何かあったらお店に持って行って見てもらえることなどから考えると、ノートパソコンのほうがいいんじゃないかと個人的には思います。

ノートパソコンを電源を入れたまま持ち運ぶのはやめたほうがいい理由

ただ、ノートパソコンは持ち運びできるので落下させたり、ぶつけたりすることで故障しやすいかもしれません。たまにノートパソコンの電源を入れたまま(スリープ)持ち運んでいる人がいますが、あまり良い使い方ではありません。

「スリープ」にしておいたらいいと考える人もいますが、パソコンのスリープとは仮眠状態。あとで説明しますが、HDDかSSDかによってパソコンをスリープ状態で持ち運んでいいかというのが変わります。

基本的にはHDDを搭載したパソコンを購入される人が多いので、パソコンをスリープ状態にして持ち運んでしまうと、HDDが何かの拍子で傷つき最悪パソコンが立ち上がらないことがあります。

なぜ、HDDを搭載したパソコンを購入される人が多いのかというと、いろんな理由があると思いますが、HDDを搭載したパソコンのほうがSSDを搭載したパソコンより安価だからというのが多いのではないかと思います。

高齢者におすすめしたいパソコン。チラシや店頭POPの見方をチェックしよう

ここまでは家庭内の環境を中心にパソコンを買う前に見ておいてもらいたいことを中心に書いてきました。

ここからは、パソコンの性能(スペック)面から見て高齢者におすすめしたいパソコンについて書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました