Windows10での「コントロールパネル」の表示方法は?

Windows10のコントロールパネル 高齢者とパソコン
この記事は約4分で読めます。

今まであったコントロールパネルがなくなった!と相談に来られたお客さま。

コントロールパネルが表示できなくなる前にWindows 7からWindows 10へアップグレードされたそうで、その時からコントロールパネルがなくなってしまったそうです。

スポンサーリンク

Windows10からはコントロールパネルの代わりに「設定」を使うようになった

Windows 7まではスタートボタンをクリックすると表示される「スタートメニュー」の中に「コントロールパネル」がありましたが、Windows 10からはコントロールパネルではなく「設定」という項目に代わりました。

「コントロールパネルでできたことは、ここ(スタートボタンをクリックして表示されたスタートメニューの左側にある歯車のボタン)からでもできますよ」

とお伝えしたのですが、コントロールパネルのほうがいい!コントロールパネルを出してくれ!と言われました。

Windows10でコントロールパネルを表示する方法

Windows 10でコントロールパネルがなくなったわけではなく、違う場所に格納されるようになりました。Windows 10のコントールパネルの表示方法は以下のとおりです。

スタートボタンをクリック→アプリの一覧から「Windowsシステムツール」をクリック→「コントロールパネル」をクリック

これで、Windows10でもコントロールパネルを表示させることができます。

コントロールパネルでよく使う機能は、Windows10の設定ならどれになる?

使わなくなったソフト(アプリ)を削除するとき

コントロールパネルだと「プログラムのアンインストール」、Windows10の設定からだと「アプリ」からになります。

アンインストールしたソフトを再度パソコンで使用したい場合は、ソフトやプロダクトキーが必要になることがあります。念のため、ソフトをアンインストールする前に再度インストールする場合に必要なものが揃っているかを必ず確認しておきましょう。

プリンターの設定がしたい

プリンターの状態を確認したり設定を変更したりする場合、コントロールパネルだと「デバイスとプリンター」、Windows10の設定だと「デバイス」→「デバイスとプリンター」になります。

パソコンにプリンターを接続できていれば、プリンタ名が表示されます。

Windows10の場合、印刷している途中でエラーが出たときは「プリンターキューを開く」ボタンをクリックします。また、プリンターの詳細な設定を変更する場合は「管理」ボタンをクリック→「印刷設定」をクリックします。

USBメモリやSDカード、デジタルカメラの「自動再生」の設定

コントロールパネルだと「ハードウェアとサウンド」→「自動再生」、Windows10の設定だと「デバイス」→「自動再生」になります。

パソコンの調子が悪い。復元はどこ?

Windows10にも復元はあります。Windows10の復元は、コントロールパネルにある「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」から行います。

ただし、「システムの復元」ボタンがクリックできなくなっていることがあります。これは、Windowsの復元が有効になっていないからです。Windows10の復元機能を有効にする方法について分かりやすく紹介されているホームページがありましたのでリンクしておきます。
参考 Windows 10でシステムの復元を有効にする方法 NEC

Windows10のコントロールパネルを簡単に起動させるには、コントロールパネルをスタートメニューに置いておく

Windows10のコントロールパネルの表示方法は分かった。しかし、これを毎回やれって言われると面倒だ。簡単に開けるようにしてくれ!と言われたので、コントロールパネルをスタートメニューに置くことにしました。

Windows10のコントロールパネルをスタートメニューに置くには、スタートボタンをクリック→「Windows システムツール」をクリック→「コントロールパネル」を右クリック→「スタートにピン留めする」をクリックします。

もう一度スタートボタンをクリックしてみましょう。スタートメニューにコントロールパネルが置かれていますね。

Windows10のコントロールパネルについてのまとめ。

Windows10からは、コントロールパネルを使わなくてもある程度のことなら、スタートメニューに表示されている歯車のボタン「設定」で設定変更、確認ができるようになりました。

今回のご相談者がどうしてそこまでコントロールパネルにこだわるのかが気になったので尋ねてみると、「パソコンの調子が悪くなったらすぐに復元したら直るからや」と言われました。

Windowsの復元は完全ではありません。復元ポイントがうまく作成できていなければ事態をこじらせることがあるので個人的にはあまり頻繁に復元を行うことは避けたほうがいいと思っています。

そのことはお伝えするにはしたのですが、考え直してもらえた雰囲気はあまり感じられませんでした。

少し心残りですが、これで対応は終了です。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました