パソコン操作の習得の早道は「考える」こと。

BerckenGroep / Pixabay

高齢者にパソコンを教えるのは大変でしょう、とよく言われます。親に教えるだけでも大変なのにとも言われます。

高齢者にパソコン操作を教えるのが大変だと対象者を限定して考えたことが一度もないので、この問いに対して未だに明確な回答ができないので、今日はそのことについて書いてみようかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

パソコン操作に対する苦手意識は持って当然

高齢者だからITが苦手、という決めつけはしないです。高齢者じゃなくてもITに対する苦手意識を持つ人、結構周りにいらっしゃるからです。

ただ言えるのは、ITが無い時代を長く過ごしていただけであって、新たに登場したものに対する苦手意識を持ってしまうのは仕方ないんじゃないかということです。

無くても生活できていたのがITです。今ももしかしたらITがあっても生活に変化が無い人だっていらっしゃるんじゃないかと思います。

便利だからというそれだけの理由で、パソコンを購入し、インターネットに接続して…という手間を考えれば躊躇して当然なのではないでしょうか。

過去記事に書いたもの(パソコン使えたらいいな…、でも不安。その不安っていったい何?生徒さんに聞いてみた)があるので、そちらも併せて読んでいただければと思います。

パソコンなんて使えるわけがないという決めつけが覚えることを拒んでいる

『ITなんて使えるようになるわけがない』、パソコン教室に通っている高齢者でさえそうおっしゃる人がいるくらいですから、ITに触れていない人はさらに「ITは使えない」と決めつけてしまう人がいてもおかしくないと思います。

パソコン教室に通っていて、その発言をされるとわたしの立つ瀬がないのはさておき(笑)

これは高齢者に限って言えることではないのです。実はわたしと同世代の方でも同じように「ITとかパソコンとか無理!」と公言する人がいらっしゃるのです。

その「苦手だ」「無理だ」という決めつけや思い込みをほどく、これが教えるよりも難しいです。反対に言えば、決めつけや思い込みをほどくことができれば、教える道筋はぐんと拡がります。

パソコン操作は覚えるのではなく、回数を重ねて慣れていくもの

パソコン操作を高齢者に教える人間としていつも聞かれることといえば「高齢者にパソコンを教えるのは大変ではないか」ということです。パソコンインストラクターとしての発言としてはどうかと思いますが、わたしはパソコン操作を覚えてほしいという気持ちでインストラクションをしていません。

パソコン操作を教えるということは、相手に覚えてもらうこととイコールなのかもしれません。が、操作は覚えるものではなく、慣れていくこと、引き出しを増やすように、です。

パソコン操作は操作の結果に得たいものがあればあるほど、しっかりとした手順が見えてきます。例えば、「年賀状を作りたい」より「年賀状に孫の写真を入れたい」のほうが手順が明確になっていきます。

手順を明確にしたいと思うならば操作を一通りさらっとやってみて、年賀状に孫の写真を入れるために必要な操作をピックアップする。これで手順は明確になったので、あとはそれを練習して操作に慣れていく。覚えるのではなく慣れるのです。

年賀状に孫の写真をいれることがメモを見ながらでもできるようになれば、慣れた操作を使えば暑中見舞いも作ることができるかもしれないと思うかもしれない。もしそう思って暑中見舞いを作ることができれば、その人は年賀状も暑中見舞いも作ることができるようになった。

つまり、操作を覚えるのを目的に据えるのではなく、操作を使って何を完成させるかが明確にして手順に慣れる。そのためには多くの操作に触れ、パソコンを使えば何ができるようになるのかをまずは知る。それが一番の近道なのではないか、それをお伝えするのがわたしのパソコンインストラクターとしての役割なのではないかと。

パソコン操作は覚えるのではなく、考えることも大事

パソコンで何ができるのかを知った上で、自分が成したいことが明確にあるなら知った情報の中から何を使えば成せるのか、それを考える力があると操作が身近なものになっていくのではないかと個人的には思います。

実は、パソコンインストラクターではありますが、パソコン操作を習ったことは一度もありません。パソコン操作を覚えているかと言うと覚えているのかもしれませんが、どちらかというと成したいことが目の前にあって引き出しを開けて操作方法を引っ張り出すに近いんじゃないかと思うことがよくあります。

例えば年賀状を作るという操作を手順で覚えてしまうと、一からそうしないと思い出せないかもしれません。どちらかというと、点で覚えているに近い。表の作り方という大きな塊の中には罫線を引く、文字の配置、着色などいろいろな操作がありますが、それらをひとつずつ覚えているに近いんだと思います。

たぶん、それはパソコン操作を覚えようとはしていなかったというのが起因だと思います。それは、目の前に学校から配られたチラシがあって、これどうやってパソコンで作るんだろう…なんて考えて。文字を中央に揃えようとしたときに、空白をいくつか打って真ん中に寄せようとしたけど、どうやってもぴったり真ん中にいかない。どうしたらいいんだろうっていろいろやってみたけどうまくいかない。調べてみたら、中央揃えというボタンがあると知り、ボタンをポンと。あ、簡単。

そうなんです。作り方を一通り習ったことはありませんが、目の前にあるチラシと同じものを作りたいからひとつひとつの操作を調べていくうちに引き出しに「中央に揃える」という方法がいくつか入るようになった。そんな感じです。

これは個人的なものですのですべての方に有用であるとは思いませんが、こんな「慣れ方」もあるんだと。「考えた」あとに「結果を得る」、それを「蓄積」していくことが覚えるに等しいなら、こんな方法もあるよとお伝えできればいいなと思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする