高齢者のパソコン操作。設定を変えてあげると使いやすくなるかも…。

高齢者がパソコンを使いやすくなる設定 高齢者とパソコン

高齢者を対象としたパソコン教室の生徒さんの場合は、そこまで設定を変えることはありませんが、操作指導を行う場合、マウスポインタが見えづらかったり、勝手にマウスポインタやカーソルが移動してしまったり、使いたいソフトが見つけられなかったりすることで操作が遅れてしまうのが気になるという高齢者は非常に多いです。

そこで、高齢者がパソコンを操作するときに使いづらい、見えづらいを少しでも解消できそうな設定をいくつかご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

高齢者のパソコン操作の第一関門、マウスの設定を変えてみる

マウスポインタが見えづらかったり、ダブルクリックがうまくできなかったりする場合はマウスの設定を変えてみるといいかもしれません。

マウスについての設定を変更するには、スタートボタンをクリック→設定(歯車のようなアイコン)をクリックし、「デバイス」をクリックします。

Windows10のマウス設定は「デバイス」から

画面左側にある「マウス」をクリック→関連設定にある「その他のマウスオプション」をクリックします。

Windows10でマウスの細かい設定はその他のマウスオプションから

 

マウスポインタが見えづらいとき

マウスポインタが見えづらいときは、マウスポインタの大きさが高齢者に合わないのかもしれません。

マウスポインタの大きさを変更するには「ポインタ」タブをクリックし、デザインの▼をクリック→Windows スタンダード(特大のフォント)(システム設定)を選択します。

マウスポインタの大きさを変えると高齢者には見やすくなるかも

左側にサンプルが表示されるのでそれでよければ「適用」ボタンをクリックしてみてください。画面の中でマウスポインタを動かしてみてこれでよければ「OK」ボタンをクリックしましょう。

※もうひとつ、Windows 標準(特大のフォント)でもいいかもしれません。

ダブルクリックがうまくできない

ダブルクリックがうまくいかない、またはタイミングが合わない場合は、「ボタン」タブをクリックし、「ダブルクリックの速さ」にあるスライダーを遅いほうに動かしてみてください。

高齢者がマウス操作でつまづくのはダブルクリックがうまくできないことが原因の場合も

ダブルクリックが苦手なら、クリックだけで開くようにもできる

上のようにマウスの反応速度を変えるという手もありますが、ダブルクリックをしなくてもいいように設定を変えることもできます。

スタートボタンの横にある「エクスプローラ」アイコンをクリックして開きます。

エクスプローラの画面が開いたら「表示」タブをクリック→「オプション」ボタンをクリックします。

「フォルダーオプション」という画面が開いたら、「全般」タブをクリック→「クリック方法」の中にある「ポイントして選択し、シングルクリックで開く」の〇をクリックすると、起動したいアイコンにマウスポインタを合わせてクリックするだけでソフトやファイルを開くことができるようになります。

マウスポインタを見失う

マウスポインタ―の動きが自分の目に合っていないとすぐに見失ってしまいます。マウスポインタを見失いがちな人は、ポインターの速度を遅くしてあげるといいかもしれません。

マウスポインタ―の速度を遅くするには、「ポインター オプション」タブをクリック→「速度」の中にあるスライダーを遅くのほうに変更してあげましょう。

マウスポインタの動きを遅くすれば高齢者が目で追いやすいかも

文字の入力中にカーソルが勝手に移動してしまう

文字を入力しているときに勝手にカーソルが飛んでしまうという人もよくいらっしゃいます。これは、ノートパソコンの手前にある「タッチパネル」に触れているせいかもしれません。

タッチパネルを反応しないようにする(タッチパネルを無効にする)には、「デバイス設定」タブをクリック→「USBマウス接続時に内蔵ポインティングデバイス無効にする」にチェックを入れます。

タッチパネルに触れるとカーソルが移動してしまうことはよくある

タッチパネルの有効・無効の設定はパソコンによって異なります。
スポンサーリンク

使いたいソフトが見つからずにイライラする

使いたいソフトが見つからないことが多いと、それだけでストレスになります。使いたいソフトをすぐに起動できるよう、分かりやすいところに「ショートカット」を置くことでストレスが解消できるかもしれません。

ソフトを起動するためのショートカットを置く場所は

  • スタートボタンをクリックすると表示される「スタート」
  • デスクトップにショートカットアイコン
  • タスクバー

の3つがあります。

どれがいいかということは人それぞれですが、一番操作が少なくて済むのはタスクバーにショートカットを置く(Windows10ではピン留めと呼んでいます)のがいいかと思います。

タスクバーにショートカットを置けば、起動しているソフトを終了または最小化させることなく、他のソフトを起動させることができますし、クリックひとつでソフトを起動させることができます。

ソフトのショートカットアイコンをタスクバーに置く

では、例として年賀状作成ソフトのひとつ、筆ぐるめを起動させるためのショートカットをタスクバーにピン留めしてみたいと思います。

まず、スタートボタンをクリック→筆ぐるめをクリック→筆ぐるめメニューにマウスポインタを合わせて右クリックします。右クリックで表示されたメニューから「その他」→「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

よく使うソフトはタスクバーにピン留めするといい(Windows10)

すると、タスクバーに筆ぐるめのショートカットが収まりました(画面右端のはがきのアイコンが筆ぐるめのショートカットアイコンです)。

タスクバーの筆ぐるめのショートカットをクリックするだけで起動できるようになります。

タスクバーにあるショートカットが不要になったときには

もし、タスクバーにピン留めしたショートカットが不要になったときは、タスクバーにある不要になったショートカットアイコンの上で右クリック→「タスクバーからピン止めを外す」をクリックすると、タスクバーから不要になったショートカットアイコンが無くなります。

ショートカットを削除したとしてもソフトが削除(アンインストール)されるわけではありません。
スポンサーリンク

高齢者にとって操作しやすいようにマウスの設定を変えてみる、まとめ。

高齢者を対象としたパソコン教室でインストラクターをしていると、高齢者にとってパソコン操作の第一関門といえば「マウス操作」であることから、マウスに関する設定を中心にいくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

他にも設定を見つけたらまた別記事にまとめたいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室