パソコンにUSBメモリを挿しても認識してくれない時にできること

高齢者とパソコン
この記事は約4分で読めます。

ファイルを持ち運ぶときに便利なのがUSBメモリ。ずいぶん前に使われていたフロッピーディスクと同じように何度も書いたり消したりすることができ、書き込むためのソフト(オーサリングソフトと呼んでいます)も不要ということで使用している人も多いと思います。

ところが、USBメモリをパソコンに挿してもうんともすんとも言わない、パソコンがUSBメモリを認識してくれなくなることがよくあります。

USBメモリをパソコンが認識してくれないときにチェックしてもらいたいことを書いていきます。

スポンサーリンク

パソコンにUSBメモリを挿しても認識してくれない時にできること

USBメモリ自体に傷などがないかをチェック

USBメモリに傷がついていたり折れていないかをチェックしましょう。USBメモリというのはその便利さから頻繁に使用されるため、傷がつきやすいです。

また、USBメモリの中にはキャップがついているものがありますが、キャップを紛失したため、そのままカバンに入れて持ち歩いている人がいますが、これもUSBメモリにはあまりよくない状況です。

USBメモリを他のUSBスロットに挿してみる

USBメモリに傷などがない場合、他にパソコンのUSBスロットがあればそこにUSBメモリを挿してみましょう。意外とこれでUSBメモリを認識できた例がよくあります。

どのUSBスロットでもUSBメモリを認識できないときは、USBメモリを外してからパソコンを再起動させ、もう一度USBメモリを挿してみましょう。

デバイスマネージャーでUSBメモリを認識できているかを確認する

パソコンを再起動させてもUSBメモリを認識できないときは、デバイスマネージャーを使ってUSBメモリにビックリマークや赤い×マークがついていないかを確認してみましょう。

もし、デバイスマネージャー上でUSBメモリにビックリマークや赤い×マークがついていたら右クリック→「削除」をクリックしドライバを削除してからもう一度USBメモリをパソコンに挿してドライバをインストールしてみましょう。

さらに可能性のひとつとして、パソコン本体に必要以上の電気が溜まっている可能性があるので放電してみるというのもひとつの手です。

Windows10でUSBメモリが認識されない時にできること(難易度高め)

ここから先は少し専門的な知識が必要な操作になるので自信がないという人は行わないようにしてください。

たまにあるのが、ドライブ文字の競合。パソコンの記憶装置にはアルファベットが自動的に割り当てられるのですが、割り当てられたアルファベットが他の記憶装置と被ってしまう、つまり重複してしまうことがあります。

他の記憶装置とUSBメモリに割り振られたアルファベットが他の記憶装置と被っていないかをチェックしたり改善したりするには以下のサイトを参考にしてみてください。

その他にできることがあるとすれば、BIOSの初期化もひとつの手ですが、これもパソコンメーカーごと、OSごとにその方法が違いますので、ご自身が使用しているパソコンの型番とBIOS初期化というキーワードで検索して操作方法を探してみてください。

また、システムの復元やWindowsの再セットアップという方法もありますが、これは最終手段です。

パソコンにUSBメモリを挿しても認識してくれない時にできること、のまとめ

USBメモリというのはファイルを持ち運ぶにも便利だし、書き込むソフトも不要で使いやすい記憶装置です。わたしももちろん使ってはいます。

が、USBメモリは永久的に使用できるものではないということ、持ち運びやすいということは壊れたり傷がついたりする可能性も高くなるということ、また持ち運ぶことで紛失の可能性も高くなることを十分に理解して使用するようにしてくださいね。

USBメモリにはキャップをつけられるものもありますし、キャップが不要なものもありますが、どれを選ぶかはUSBメモリの使い方に合わせて選ぶようにしてください。

たとえば、家の中に置いておく、持ち運ぶことはないというのであればキャップのついているUSBメモリがいいと思います。

ストラップが付けられるUSBメモリにするとキャップと本体をストラップでつないでおけるのでキャップを紛失することも少ないかなと思います。

また、持ち運ぶ頻度が高いならキャップを無くさないようにキャップレスのUSBメモリ。

キャップレスのUSBメモリなら100均で手に入るファスナー袋に入れておくといいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました