USBメモリは長期保管(保存)には向かない

EsaRiutta / Pixabay

皆さんは、USBメモリをお使いですか?一時に比べずいぶんお安く手に入るようになったUSBメモリ。最近ではコンビニエンスストアにすら販売されていますね。差し込み口にぽんとさせば使用できるUSBメモリですが、USBメモリには寿命があることをご存知でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

USBメモリには寿命がある

USBメモリには実は書き込みができる回数があって、それを越えると書き込みはもちろん読むことすらできなくなります。その回数は10万回ともいわれています。が、そんなにデータの書き込みなどしないからという人もいますが、あくまでも機器ですので10万回を保証しているものではないのです。

ということはいつかは書き込みも読み込みも出来なくなるかもしれないということになり、USBメモリは長期保存(保管)には向いていないと思われます。

あくまでもスポットとして使用するかデータの移動に使用するようにしたほうがいい機器です。

もしもあなたがUSBメモリを「大事なデータの保管場所」として使用されているなら早急にほかの機器やメディアまたはクラウドサービスにデータをコピーしておくことをお勧めします。

USBメモリについて

USBメモリの「USB」とは

ユニバーサル・シリアル・バスという規格のひとつです。パソコンの電源が入っている最中でもケーブルを抜いたり挿したりできる、USBハブというものを使えば、いくつもの機器をパソコンに接続することができます。

また最近ではスマホやタブレットの充電にもこのUSBという規格が採用されています。

USBメモリとは

たくさんのデータを気軽に持ち運べる記録用の機器の名前です。データの持ち運びにはCD-RやDVD-Rに焼いて…というのが一昔前の主流でしたが、このUSBメモリは読み込みも書き込みも早く、何度でも書き換えが可能です。

パソコンにUSBメモリを挿し込むだけで自動でドライバと呼ばれるソフトのようなものがインストールされ、一度認識させてしまえば、難しい作業なしでデータを追記したり削除したりできます。また、保存できる容量がたくさんあるので、あなたが使いたい容量のものを購入、使用できます。

USBメモリの取り扱い注意点

一番怖いのは紛失

まず一番怖いのが紛失です。これはよくニュースになるので耳にされた方もいらっしゃるのではないかと思います。

パソコンからUSBメモリを外すときは手順を守ろう

そしてUSBメモリには外し方があるのですが、それを守らずポイっと抜いてしまう人が多いような気がします。一度くらいなら大丈夫ですが毎回だとUSBメモリが読み込めない不具合が起きる可能性があります。

必ず「安全な取り外し」から取り外し作業を行った後、パソコンから抜くようにしてください。

USBメモリからのデータ削除は慎重に

パソコン内のデータは削除するとごみ箱に移動しますが、USBメモリ内のデータを削除するとごみ箱には移動せず、完全に削除されてしまいます。

パソコンと同じようにごみ箱に移動するだけだと思って気軽にデータを削除される方が多いですが、一度削除してしまうと元に戻すことはできません。

USBメモリからデータを削除するときは、本当に不要なデータかどうかをよく確認してから行うようにしましょう。

USBメモリは精密機器です。衝撃や振動、湿気は苦手です

USBメモリはフラッシュメモリーを採用しているため、精密機器の部類に入ります。が、その持ち運びの便利さゆえ、雑な扱いをしている人がいます。

衝撃や振動、湿気などは避けるようにしてください。

USBメモリを挿しっぱなしにしない

これはよくあるトラブルなのですが、USBメモリを挿した状態でパソコンを起動させようとするとパソコンが起動できないことがあります。

USBメモリを使い終わったら手順通りに外しておくようにしたほうがトラブルを避けることができます。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする