USBメモリは長期保管(保存)には向かない

EsaRiutta / Pixabay

皆さんは、USBメモリをお使いですか?一時に比べずいぶんお安く手に入るようになったUSBメモリ。最近ではコンビニエンスストアにすら販売されていますね。

差し込み口にぽんとさせば使用できるUSBメモリですが、USBメモリには寿命があることをご存知でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

USBメモリには寿命がある

USBメモリには書き込みができる回数というのがあって、それを越えると書き込みはもちろん読むことすらできなくなります。

その回数は10万回ともいわれています。あくまでも機器。10万回とされていても、そう動作を保証しているものではないのです。

毎回、USBメモリを使用するたびに回数をカウントするわけにもいきませんし、読み書きが10万回できるという保証もないとすれば、ある日突然読み込むことも書き込むこともできなくなるかもしれない。そうなると、USBメモリは長期保存には向かないということになります。

もしもあなたがUSBメモリを「大事なデータの保管場所」として使用されているなら、早急にほかの機器やメディアまたはクラウドサービスにデータをコピーしておくことをお勧めします。

USBメモリの取り扱いについて

一番怖いのは紛失

USBメモリは、持ち運ぶには便利な保存媒体ですが、持ち運びやすいということはどこかに置き忘れたり、落としたりといった「紛失」が一番怖いです。

USBメモリの紛失はよくニュースに取り上げられていますし、それを耳にした人も多いかと思います。

USBメモリに住所録などの大切な情報の保管場所として使用されているならなおのこと、USBメモリの紛失には十分に気を付けてください。

最近、USBメモリを購入すると、暗号化ソフトが同梱されていることが多くなりましたので、万一の場合に備えて暗号化ソフトを使うこともおすすめしたいと思います。

パソコンからUSBメモリを外すときは手順を守ろう

そしてUSBメモリには外し方があるのですが、それを守らずポイっと抜いてしまう人が多いような気がします。一度くらいなら大丈夫ですが毎回だとUSBメモリが読み込めない不具合が起きる可能性があります。

USBメモリは、タスクバーから取り外し(厳密には、「取り外してもいい」と命令する)の操作ができますので、USBメモリをいきなり抜かずに取り外しの操作をしてから抜くようにしてください。

USBメモリからのデータ削除は慎重に

パソコン内のデータは削除するとごみ箱に移動しますが、USBメモリ内のデータを削除するとパソコンのごみ箱には移動せず、完全に削除されてしまいます。

パソコンと同じようにごみ箱に移動するだけだと思って気軽にデータを削除される方が多いですが、一度削除してしまうと元に戻すことはできません。

USBメモリからデータを削除するときは、本当に不要なデータかどうかをよく確認してから行うようにしましょう。

USBメモリは精密機器です。衝撃や振動、湿気は苦手です

USBメモリはフラッシュメモリーを採用しているため、精密機器の部類に入ります。が、その持ち運びのしやすさゆえ、乱暴に扱う人が多いように思います。

USBメモリは落としたりぶつけたりする衝撃や振動に弱いです。また湿気も苦手です。USBメモリの本体に水がかかったくらいなら大丈夫ですが、差込口に水がかかると壊れてしまいます。

持ち運びしやすいので、つい乱暴に扱ってしまいますが、衝撃や振動、湿気には十分気を付けてくださいね。

USBメモリを挿しっぱなしにしない

USBメモリを挿しっぱなしにしているパソコンが結構あります。

USBメモリを挿しっぱなしにした状態でパソコンの電源を落とした後、USBメモリが挿されていることに気付かず、パソコンを起動させると稀にですが、パソコンが立ち上がらないことがあります。

パソコンが起動するとき、ハードディスクドライブ(HDD)からWindowsを起動させますね。ところが、USBメモリが挿し込まれていると通常ならHDDからWindowsを読み込むはずが間違ってUSBメモリから起動しようとすることがあります。

USBメモリにはWindowsは入っていませんので、パソコンは起動しません。

こういうご相談、年に数度ありますのでパソコンの使用が終わったら、USBメモリは抜いておくことをお忘れなく。

それから、これはノートパソコンに多いのですが、挿しっぱなしでパソコンを移動させる人がいますが、どこかにぶつけてUSBメモリが折れてしまった!という事例を見たことがあります。

これも危ないです。修理費用が結構掛かります。気を付けてくださいね。

USBメモリは便利で使い勝手がいいからこそ、万全ではないという意識を持つように

いろいろ書きましたが、USBメモリは便利で使い勝手がいいです。ちょっとしたデータの移動にはもってこいですし、データの受け渡しも比較的容易ですので便利だなと。

でも、だからこそ取扱いには十分注意してください。特に紛失は取り返しがつかないことが多いです。便利で使い勝手がよいからこそ、USBメモリの取り扱いには十分ご注意くださいね。

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする