LINEの「ノート」機能の使い方と公開範囲

JESHOOTS / Pixabay

LINEのやり取りのなかで、いつどこで待ち合わせするとか、決め事を共有することがあります。ただ、LINEは会話形式になるので過去のやり取りは、そのやり取りが多ければ多いほど遡るのに手間がかかってしまいます。

そんなときにぜひ使ってもらいたいLINEの機能に「ノート」があります。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

LINEの「ノート」機能とは

友だちやグループでのやり取りを定位置に保存しておく機能のことです。残しておけるものとしては以下のものが挙げられます。

  • テキスト(やり取り)
  • 写真
  • 動画
  • スタンプ
  • リンク
  • 位置情報
  • 音楽

LINEのノートを作ることができるのは

LINEのノートを作ることができるのは、あなたとやり取りをしている状態の人たちもしくはグループです。

ちなみに任意の名前が付いているやり取りはグループ(グループ名の後に数字が表示されている)、友だちの名前が並んでいるものはグループではありません。

LINEのノートの使い方

やり取りの記録を残しておく

たとえば、待ち合わせ場所や決め事などいつでもすぐに確認したいことがあったら、ノートに残しておきたいトーク内容をコピーしておきます。

トークの吹き出しを長押しするとコピーがタップできます。

つぎに、iPhoneアプリの場合、やり取りをしている人またはグループのトーク画面の右上にある下向き三角をタップ→ノートをタップ。

LINEのやり取りをしている相手またはグループの画面で右上にある▽をタップ→ノートをタップ
LINEのやり取りをしている相手またはグループの画面で右上にある▽をタップ→ノートをタップ

画面右下にある鉛筆ボタンをタップ→投稿をタップ

鉛筆ボタンをタップし投稿
鉛筆ボタンをタップし投稿

エリア内を長押し→ペースト

LINEのノート。やり取りを残す以外にもできることがある

ほかのスタンプや写真、動画、リンク、位置情報、楽曲を追加する方法は、上の「投稿」をタップした後に表示される画面下のほうにそれぞれのボタンがありますので、任意のものをタップすることでノートに保存することができます。

…をタップすると位置情報も追加できる
…をタップすると位置情報も追加できる

LINEのノートに何かを保存すると、あなたのタイムラインに「ノートを作成しました」と表示される

LINEのノートの内容自体は、ノートを作成したやり取り(一対一もしくはグループ)の中の人しか見ることはできません。

ところが、あなたのタイムラインに「ノートを作成しました」と投稿されてしまうと「他の人(やり取りしていない人)にも読まれてしまうのではないか」と不安に思われる人がいらっしゃるようです。

結論からいえば、ノートの中身はそのノートを共有している友だちだけが見ることができます。ということはLINEのノートを共有していない人は、ノートの中身を見ることができないということになりますので安心してくださいね。

もし、LINEのタイムラインを特定の人に見せたくないのであれば、以下の方法で公開・非公開を設定することができます。

特定の人にLINEのタイムラインを見せたくないなら

たとえば誰にもタイムラインを見せたくないと思っても一括でタイムラインを非公開にはできません。ではどうすればいいかというとLINEの設定→タイムライン→友だちの公開設定から、友だちごとに公開・非公開をタップしていくしかないようです。

この設定は現在友だちになっている人に対して行うことができる公開範囲の設定方法です。設定を変更した後に友だちを追加すると、その人に対して自分のタイムラインは公開されるのかというと公開されます。

友だちを追加するたびにこのタイムラインの公開・非公開の設定を変更するのが面倒だという人はLINEの設定→タイムライン→新しい友だちに自動公開の設定をオフにしておくとよいでしょう。

LINEのノートについてまとめ。

LINEのノートは、やり取りをしている友だちもしくはグループのメンバーと共有したいことをメモしておくには便利な機能です。

個人的なメモ書きをLINEのノートに入れてしまうと、やり取りをしている友だちもしくはグループのメンバーは見ることができてしまうので注意してくださいね。あくまでも共有したいことだけにしてくださいね。

関連記事 LINEを始めよう!登録するときの「名前」は本名じゃないとダメ?
関連記事 LINEの「タイムライン」ってなに?

パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする