Excelで〇の数を数えるには。関数を使えば△や×などの記号も数えられる

高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約6分で読めます。

総会を開くという方から

Excelで総会とそのあとにやる懇親会の参加者を集計しているんだけどね、名簿に参加する人には〇を入れてて。この〇を数えれば参加者の人数が分かるんやけど数えるの面倒で。なんかいい方法ない?

それなら、関数を使って〇の数を数えられるようにしておきましょう。後から増えたり減ったりしても自動計算してくれますよ。

Excelで「数える」に特化した関数といえば、COUNTやCOUNTA、COUNTBLANK、COUNTIFなどがあります。

Excelの「数える」関数でよく使う関数は?
  • COUNT・・・セルに数値のみ入っているセルを数える←文字や記号が入っているセルは数えない
  • COUNTA・・・セルに何か(文字や記号、計算式など)入っているセルを数える←空白ではないセルを数える
  • COUNTBLANK・・・空白のセル(何も入っていない、空っぽのセル)を数える
  • COUNTIF・・・条件を指定して該当する文字や記号などが入力されているセルを数える
スポンサーリンク

Excelで〇の数を数えるには。関数を使って〇の数を数えよう

Excelで数を数える関数といえばCOUNTやCOUNTA、COUNTIFなどがありますが、数えたい〇が入っている状態によって関数を使い分けます。

Excelで〇の数を数える
  • 数えたい〇が入っているセル範囲に〇以外が入っていない(〇が入っていないセルは空白セル)→「COUNTA」
  • 数えたい〇が入っているセル範囲に〇以外も入っている(△とか×とか)→「COUNTIF」

COUNTという関数はセルの中に数値が入っていれば1としてカウントするという関数なので、〇などの記号を数えることができません。

数えたい〇が入っているセル範囲に〇以外が入っていない(〇が入っていないセルは空白セル)→「COUNTA」で〇を数える

今回作られた名簿は下の図のようなものでした。※これくらいなら目視でも数えられますね…、操作説明のために作ったのでご了承ください。

この表の場合、〇が入っているセル以外はすべて空白になっています。空白になっていない、つまり文字(記号も含め)が入っているセルだけを数えればいいので、使用する関数は「COUNTA」となります。

参加人数を求めたいセルを選択した状態で、「ホーム」タブをクリック→「オートSUM」横にある▼をクリック→「その他の関数」をクリックします。

関数の挿入画面が開いたら、「関数の分類」横にある▼をクリック→「統計」をクリックして関数を絞り込みます。絞り込まれた関数の中から「COUNTA」をクリック→「OK」ボタンをクリックします。

関数の引数画面が開いてくるので「値1」の枠内にカーソルがあることを確認→「総会」のセルを範囲選択→「値1」の枠内にセル範囲が入ったことを確認→「OK」ボタンをクリックします。

これで、〇が入っているセル、つまりセルに何かしらの文字が入っているセルを数えることができました。

サンプルの中にある津村さんが参加できなくなったと仮定し、津村さんの横にある〇をキーボードのDeleteキーで削除して、自動的に変更が反映されるかを確認してみましょう。

参加人数の数字が3→2になりましたか?

結果が確認できたら、津村さんの横にもう一度〇を入力してみてください(または元に戻すでもOK)。参加人数が「3」に変わったでしょうか。

数えたい〇が入っているセル範囲に〇以外も入っている(△とか×とか)→「COUNTIF」

これなら〇を数えなくても自動で数えてくれるんや。なるほど。あ、でも、参加する人には〇、参加しない人には×と入れたら、この関数(COUNTA)やと〇も×も文字やから数えてしまうんちゃう?そういうときはどうしたらいいん?

〇以外に、たとえば△とか×とかいくつか文字や記号が入っている場合は、COUNTAだと数えることができないので、〇以外にも△や×などいろいろな文字や記号が入っているところから〇を指定して数えるのに使う関数は「COUNTIF」になりますね。

先ほどの表に懇親会の列を追加し、参加する人には〇、参加しない人には×を入力してみました。

〇以外に×とか△など複数の記号が入力されているのであれば、「〇だけを数えて」と数える対象を条件指定できる「COUNTIF」という関数を使うことで「〇」を数えることができます。

懇親会の参加人数を求めたいセルを選択した状態で先ほどと同じく、「ホーム」タブの中にある「オートSUM」ボタン横にある▼をクリックし、「その他の関数」をクリックします。

関数の画面で、分類を「統計」に変えて関数名の中から「COUNTIF」を探し、OKボタンをクリックします。

関数の引数画面で「範囲」には先ほどと同じように数えたい文字が入っているすべてのセルをドラッグすれば入れることができます。

検索条件には、〇と入力します。

検索条件に入力する文字、今回は「〇」ですが、〇の前と後には”(ダブルクォーテーション)を入力する決まりがあります
上の図を見てもらうと検索条件には「〇」としか入力されていません。キーボードから”(ダブルクォーテーション)を入力してもいいのですが、マウスで「範囲」の中をクリックすると、検索条件の中にある〇の前後に”(ダブルクォーテーション)が自動的に入ります。

検索条件に入力した〇の前後に”(ダブルクオーテーション)が入ったのを確認してからOKボタンをクリックしましょう。

〇と×が混在する中で〇の数だけを数えることができました。

COUNTIFがうまく動作しているかを確認するため、会田さんが懇親会に参加することになったと仮定して〇を入力してみましょう。

〇の数(参加人数)が4になりましたか。

スポンサーリンク

COUNTIFで〇を指定してもうまく数えられないことがあるのはなぜ?

今まで何度かCOUNTIFを使う場面があったのですがCOUNTIFで〇と指定したのにうまく数えられないことがありました。

下の図では「〇」を入力しCOUNTIFで数えてみたのですが、数えた結果は「1」となっています。おかしいですよね、〇は「2」となるはずなのに。

実は、セルに入力された〇は、上が「漢数字」の〇、

下が「記号」の〇なのです。

見た目はほとんど同じなので間違いやすいのですが、〇と入力する際、漢数字か記号のどちらを入力したか、COUNTIFの条件指定には漢数字の○を指定したか、記号の○を指定したかによって〇を正確に数えることができないことがあるというわけです。

下のセルに入っている〇を漢数字で入力してみると

ちゃんと数えることができました。

〇や△、×など記号を入力する時は、変換候補をよく見て、見た目はほぼ同じだけれど実は違う記号の場合があるので入力する際は統一するようにするとうまく数えられないということはなくなると思います。

タイトルとURLをコピーしました