【Excel】〇・△・×の数を数える~応用編~

Excelで〇の数を数えるとき、別のセルと絶対参照を使えば、関数をひとつ入れてあとはコピーで数えられる高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

以前別の記事でExcelを使って〇の数を数える関数について書いたのですが、今回は応用編として、〇以外の記号も表内にあるという仮定で関数をどう使うかというのをまとめてみようと思います。

まず、〇や△・×など「条件を指定して該当するものが入っているセルの数を数える」のは、前回の記事でもご紹介した「COUNTIF」という関数を使います。

ただ、〇・△・×など条件をいちいち指定していくというのは関数をそれだけ入れなくてはならないということにもなるんですよね。

スポンサーリンク

別のセルに〇や△、×など条件を指定→COUNTIFを使って数を数える

〇だけを数えればいいならそれでもいいのですが、△も×もとなるならセルに〇・△・×などの条件を入力しておき、そのセルを参照するように関数で指定しておけば1つの関数を入力して後は関数をコピーすることでその手間を省くことができます。

この方法を使うには条件を入力したセル、そして〇・△・×などが入力してあるセル範囲が必要になりますので、こんな感じで表を作りました。

〇と条件指定するために入力したセルの右側のセルに数えた数を求めたいのでクリック。「ホーム」タブの中にある「オートSUM」ボタンの横にある▼をクリック→「その他の関数」をクリックし、関数の挿入画面を開きます。

関数の挿入画面が開いたら「関数の分類」を「統計」にし、下にある「関数名」の中から「COUNTIF」を探してクリック。OKボタンをクリックします。

関数の引数画面が開きます。設定する項目は「範囲」と「検索条件」。「範囲」の枠内をクリックし、カーソルが入っているのを確認してから、数えたい〇・△・×が入っているセルをドラッグして選択します。

範囲の枠内に〇・△・×が入っているセル範囲が入ったのを確認したら、キーボードのF4キーを押します。キーボードのF4キーを押すとセル範囲に$記号が付きました。

次に、「検索条件」の枠内をクリック、カーソルが入ったことを確認してから条件として入力した〇が入っているセルをクリックし、OKボタンをクリックします。

〇の数を数えることができました。今入力した関数をそのまま△と×にもコピーしたいので、もう一度、〇の数が計算されたセルを選択→選択したセルの右下にある■にマウスポインタを合わせ

△と×の分、下方向へドラッグすると

△と×の数も数えることができました。

スポンサーリンク

途中でキーボードのF4キーを押したら$がついた。この$には意味があるの?

選択したセルを固定するために「絶対参照」にしたかったから

ところで、COUNTIFの「範囲」にカーソルを置いて〇・△・×が入力されているセルを範囲選択しましたが、そのあと、キーボードのF4キーを押しました。

セルを選択したときにキーボードのF4キーを押したのは選択した範囲を「絶対参照」にするためなのですが、絶対参照にせず関数を入力、コピーしたらどうなるのかをみていきましょう。

×の数は「5」のはずなんですが、「4」となっていますね。

関数がどのように設定されているかを確認してみましょう。セルの範囲を見やすくカラー表示した状態で関数がどのように設定されているかを確認するには、関数が入っているセルを選択→キーボードのF2キーを押します。

〇の場合、どこもおかしなところはありませんが、

△の範囲も

×の範囲もずれていますね。

今回使用した絶対参照を使わずに計算式や関数をコピーすると、対象となるセルの範囲がドラッグした方向に1セルずつずれることを「相対参照」というのですが、今回のような同じセルの範囲をどの関数でも同じように指定したいのであれば、ずっとこの範囲を見ていてほしいという意味で、キーボードのF4キーを押して絶対参照とします。

タイトルとURLをコピーしました