Excelの「テーブル」を使って現金出納帳を作ってみる

高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

以前、【Excel】現金出納帳を作って、自治会の現金のやり取りを自動計算できるようにしようでご紹介したExcelを使っての現金出納帳の作り方。この作り方でも問題なく作成できるのですが、Excelには「テーブル」という機能があります。

Excelのテーブルを使って現金出納帳を作ってみようと思います。

スポンサーリンク

Excelの「テーブル」を使って現金出納帳を作る方法

現金出納帳を作成する

市販されている現金出納帳を参考に、以下のような表をExcelで作成してみました。


※科目や内容、金額はダミーです

Excelで現金出納帳を作成すると残高の部分に計算式を入力しておけば自動計算してくれる仕組みを作ることができるのが利点です。

現金出納帳の残金を求めるには1行上の金額(残高)に、収入があれば足して、支払があれば引くという計算式を入力しておきます。上で作成した表の場合、残高と入力したセルの1つ下に以下のような計算式を入力します。

これをすべての行に反映させるために、今計算式を入力したセルをクリックし、右下にある■(オートフィルハンドル)にマウスポインタを合わせて下方向へドラッグします。

スポンサーリンク

現金出納帳の科目ごとに集計したい。表をテーブルに変換→ピボットテーブルで集計しよう

これで、現金出納帳が完成!といいたいところですが、月度が終われば各科目ごとにどれだけ支払ったり、受け取ったりしたかをまとめたいですよね。

以前書いた記事(【Excel】現金出納帳を作って、自治会の現金のやり取りを自動計算できるようにしよう)では、科目ごとに集計するために関数を用いました。

このやり方でもいいのですが、今回ご紹介するのはExcelの「テーブル」という機能です。では、今作成した現金出納帳を「テーブル」に変換してみましょう。

作成した現金出納帳を「テーブル」に変換

現金出納帳の部分を範囲選択し、「挿入」タブにある「テーブル」ボタンをクリックします。

「テーブルの作成」画面が開いてきます。

テーブルに変換する範囲が先ほど選択した範囲になっているのを確認します。

ここでポイントとなるのが「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っていることです。このチェックが入っていることで後に行う集計作業がしやすくなります。

範囲に間違いがなく、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っていることを確認し、OKボタンをクリックすれば、先ほど選択した範囲が「テーブル」に変換されます。

作成した表が「テーブル」に変換されると、項目ごとに▼ボタンがつき、デザインが変更されます。

いよいよ集計作業に入ろうと思うのですが、この現金出納帳は「テーブル1」という名前が付いています。

この「テーブル1」という名前を分かりやすいように「出納帳」という名前に変更しておきます。

では、集計作業に移ります。

タイトルとURLをコピーしました