Excelの関数「DATEDIF」を使えば経過年数が計算できる。年齢計算にも使える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelにはたくさんの関数がありますが、Excelの関数一覧には表示されない「DATEDIF」という関数があります。この関数を使うと開始日から終了日までの年数・月数・日数を計算することができます。

スポンサーリンク

「DATEDIF」関数は経過年数、月数、日数を求めることができる

誕生日が分かれば今現在(もしくは指定した日付)何歳なのか、そんな計算ができます。名簿に生年月日を入力し、別のセルに今日(もしくは日付を指定)の日付を入力し、その差で年令を計算することができるようになります。

「DATEDIF」関数を使って年齢を求める方法

試しにこんな表を作ってみました。入力してある氏名や生年月日は適当です。

では、この表の上に今日の日付を入力してみましょう。

いよいよ「DATEDIF」関数の登場です。いつもなら関数を呼び出すボタンを使うのですが、この「DATEDIF」関数は、関数の一覧には並んでいません。手入力していきます。

まず日本語入力モードをオフにしておきましょう。計算式を入力するときは日本語入力モードをオフにしておいた方が入力しやすいです。

年齢を求めたいセルを選択した状態にします。

キーボードを使って「=datedif(」と入力します。

マウスポインタを生年月日が入力されているセル(開始日)に合わせてクリックしたあと、キーボードのキーを押します。

続けてマウスポインタを今日の日付が入力されているセル(終了日)に合わせてクリックしたあと、キーボードのキーを押します。

キーボードを使って「”y”)」と入力し、Enterキーを押します。

どうですか。年齢が表示されましたか?

「DATEDIF」関数の仕組みは

では、この「DATEDIF」関数の仕組みをご紹介しますね。

=datedif(生年月日が入っているセル(開始日),今日の日付が入力されているセル(終了日),”y”)

最後の「y」はYearの頭文字、「開始日から終了日を計算して年数で表して」という意味です。ここでピンときますね、そうです。最後に指定する「y」を「m」に変えれば月数で、「d」に変えれば日数で表示させることができます。

「DATEDIF」関数を使ったときは絶対参照を使うと計算式のコピーができる

ここで、注意なのですが、この計算式を他のセルにコピーしてもうまく計算できないのです。今回、複数の人の生年月日が下方向に入力されていますので、通常であればオートフィルを使えば計算式をコピーできそうなのですが…。

コピーできずにエラーの値を出していますね。ちなみにこの「#NUM!」は「参照するセルに値がないよ」という意味。ふたりめの方の計算式を確認してみましょう。

生年月日はうまくセル参照が移動していますが、今日の日付を指定していたはずの終了日のセル参照がずれてしまっています。

「じゃあ、ひとりずつ計算式を入れなくちゃいけないのか」というとそうではなくて、計算式をコピーしてもずっと今日の日付が入力されているセルを参照するように設定してあげればいいのです。

この方法を「絶対参照」と呼んでいます。では、この絶対参照を使って今日の日付が入力されているセルを参照し続けられるよう関数を設定し直してみましょう。

「=datedif」と入力したあと、生年月日が入力されているセルをクリック、キーボードのキーを押し、今日の日付が入力されているセルをクリックするところまでは同じです。

今日の日付が入力されているセルをクリックしたあと、キーボードのF4キーを押します。

今日の日付が入力されているセルに$が2つ付いたことを確認し、キーボードのキーを押し、「”y”)」と入力してEnterキーを押します。

見た目は先ほどと同じ、ですね。では、計算式を人数分下方向へコピーしてみましょう。今、関数で年齢を求めたセルを選択し、右下にある緑の■にマウスポインタを合わせると黒い十字のマウスポインタになります。

このままマウスを下方向へドラッグします。

どうでしょう。年齢が表示されましたか?

Excelの関数「DATEDIF」を使って年齢を計算する方法のまとめ。

「DATEDIF」関数を使えば開始日から終了日までの年数、月数、日数が計算できます。ただ、この「DATEDIF」関数は関数一覧から呼び出すことができない関数で、手入力するしかない関数です。

この開始日から終了日までの経過年数を求められることを応用すれば生年月日から今日あるいは指定した日付までの経過年数を求めることができる、つまり年齢を求めることができました。

この「DATEDIF」を使って複数の人の年齢を求めるとき、計算式をコピーする必要があるなら今日あるいは指定した日付を絶対参照で固定しておかないと、参照先がないというエラーが表示されます。

「DATEDIF」という綴りを覚えないといけない、手入力なので引数の画面が表示されない、というちょっと面倒な部分もありますが、「DATEDIF」関数という関数があるんだということを知っておけば、仕事の工程計算などにも使えるんじゃないかと思い、身近な年齢を求める例を使ってご紹介しました。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています