Excelで印刷したら表の一部だけが印刷されるのは「印刷範囲」が設定されているから

高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

Excelで作った表を送ってもらって印刷したら表の半分だけしか印刷できないの…

と電話がかかってきました。

もしかしたら印刷範囲が設定されているのかも

Excelの印刷範囲を解除する方法をご紹介したところ、表全てが印刷されて大変喜んでいただけました。

スポンサーリンク

Excelの印刷範囲の設定方法と解除方法

Excelは、印刷したいところだけを印刷することができる「印刷範囲」を設定することができます。

Excelの印刷範囲が設定されていないかを確認するには

Excelのセルをひとつクリックしてみてください。画面右上のほうにある「名前ボックス」にセル番地(選択しているセルの番地。下の図だと「A1」)が表示されますね。

では、名前ボックスでセル番地が確認出来たら、名前ボックス横の▼をクリックしてみましょう。

「Print‗Area」と表示されれば、このExcelシートには印刷範囲が設定されていることが分かります。この「Print‗Area」をクリックしてみます。

Excelの印刷範囲が設定されているセル範囲が選択された状態になりました。つまり、この反転したセル範囲(赤枠で囲った部分)に印刷範囲が設定されていることが分かります。

Excelで印刷範囲を設定するには

印刷したい範囲をドラッグで範囲選択→「ページレイアウト」タブをクリック→「印刷範囲」ボタンをクリック→「印刷範囲の設定」をクリック

Excelの印刷範囲を解除(クリア)するには

「ページレイアウト」タブをクリック→「印刷範囲」ボタンをクリック→「印刷範囲のクリア」をクリック

Excelの「印刷範囲」とは、表の一部だけを印刷したいときに使うもの

Excelの「印刷範囲」は表の一部だけを印刷したいときや印刷したくない部分を印刷範囲から除外するために使うのですが、印刷範囲という名前からなのか、印刷するたびに印刷範囲を設定する人がいるようです。

毎回、印刷範囲を設定する必要はありません。表の一部だけを印刷したいときや、印刷したくない部分を印刷しないようにするために、印刷してもいいセルを選択して設定するのがExcelの「印刷範囲」の使い方になります。

Excelで印刷したら表の一部だけが印刷されるのは「印刷範囲」が設定されているから

Excelの画面上で見えているセルが印刷されないと驚きますよね。Excelの画面上では見えているのに印刷できないときは、「印刷範囲」が設定されていないかを確認してみてください。

Excelのシートに印刷範囲が設定されていないかを確認するには、名前ボックス横の▼をクリック、でしたね。

印刷範囲に設定されている以外の部分も印刷したいというのであれば、印刷範囲をクリアすれば印刷できるようになります。

Excelの印刷範囲は、印刷したい部分だけを印刷できるように設定できる、とても便利な機能ですが、印刷範囲を設定していることが分からないと、画面では見えているのに印刷できないので驚くことがあります。

印刷範囲を設定しているファイルを誰かに渡すのであれば「印刷範囲を設定している」と一言伝えてあげるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのエクセル教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました