【Excel】12桁以上の数値を入力すると、E+11という表示になるのはなぜ?

スポンサーリンク
高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

書店に勤めている友人から「ExcelにISBNコードを入力したら表示が変になった」と写真が送られてきました。ISBNコードとは裏表紙に印字されている13桁の数字のこと。書店から欲しい本を入荷する際、先方からExcelファイルにまとめてと言われたらしく、13桁の数字を入力しEnterキーでセルを確定したら、

なぜか小数点表示になり、「E+12」と出てしまい、コードが正しく入力できないとのこと。

スポンサーリンク

Excelで1つのセルに11桁以上の数値を入力すると表示がおかしくなる

Excelで13桁以上の数値をそのまま表示させるにはセルの表示形式を「数値」に変更する

12桁以上の数値を入力すると「指数」として表示するようになっているため、「E+〇」と表示される仕組みになっています。

指数として表示されているものを「数値」に変更することで解決します。

Excelではセルごとに設定できる「セルの書式設定」がありますが、【ホーム】タブの「数値」の中にあるスタイル変更でも表示形式を変更することができます。

何も設定を加えていなければ「標準」になっているところの右側にある▽をクリック

「数値」をクリックしてみましょう。

スポンサーリンク

Excelで表示形式を「数値」に変更するとセルの右側に隙間ができる…

少し話がそれてしまうのですが、セルの表示形式を「数値」に変更すると、セルの右側、一番最後に入力されている文字の右側に少し隙間ができてしまいます。

この隙間の正体は、数値に設定してある書式が原因。確認してみましょう。

「ホーム」タブの中にある「標準」を「数値」に変更したセルに設定されていた書式は「0_);[赤](0)」となっています。

この「0_);[赤](0)」という表示形式は、数値の末尾に括弧1文字分を空けて、マイナスの数値が入った場合は()で囲って赤字にしてねという設定です。

では、このセルに「-1000」とマイナスの付いた数値を入力してみます。

Enterキーでセルを確定させると、(1000)と括弧で囲まれ、文字が赤字になりました。

このままでも、今回の質問の場合、関係ないのですが、やっぱり隙間が気になるので、この隙間を無くす設定を…。

セルの表示形式を「数値」にしたとき、右側にある隙間をなくす方法

まず、表示形式タブの分類にある「数値」が選択し、「負の数の表示形式」にある「-1234」を選択し、マイナスの数値が入力されても赤字にならないように変更します。

次に、分類の中にある「ユーザー定義」をクリックします。

種類の中には「0_ 」と入力されています。種類の枠内に入力されている文字以外のところをクリックするとカーソルが入ります。

そのまま「0」を残すように「_ 」を削除し、OKボタンをクリックします。

これで、末尾の数字の後ろの隙間がなくなりました。

Excelで13桁の数字を入力すると「1.23457E+12」と表示されてしまう理由と対処法のまとめ。

Excelで桁数の大きな数値、12桁以上の数値を入力すると、そのまま表示されずに「「1.23457E+12」というようにいくつかの数値が略され「E+〇」と表示されてしまうのは、Excelが指数として表示させる設定になっているから、でした。

12桁以上の数値をExcelでそのまま表示させるには、セルの表示形式を「数値」に設定すれば解決します。

ただし、Excelの古いバージョンだと「ホーム」タブというものがありませんので、ここから表示形式を変更させることができません。

Excelのバージョンが古い場合、セルの書式設定を変更するには、セルの書式を変更したいセルにマウスポインタを合わせて右クリック→「セルの書式設定」を選択しても同じ操作ができます。

タイトルとURLをコピーしました