Excelで数字を入れ直したのに計算結果が反映されない?!

スポンサーリンク
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

先日、Excelのことで問い合わせが。

Excelで計算式を入れてあるんだけど、数字を入れ直しても答えが変わらないんだよ

と。

Excelのいいところといえば、計算式の対象となる範囲内の数字を入れ直すと自動的に計算結果に反映されるところですよね。なのに、数字を入れ直したのに計算結果が変わらないことなんてあるのでしょうか。

スポンサーリンク

Excelで計算式の対象となる範囲内の数字を入れ直しても計算結果が変わらないときは

Excelは基本的に、何も設定を変更していなければ計算式の対象となる範囲内の数字を入れ直し、セルを確定した時点で自動的に計算結果に反映されるようになっています。

ところが、何が原因かは分からないのですが、自動的に計算結果に反映されなくなることがあります。計算式の対象となる範囲内の数字を入れ直しても計算結果に反映されなくなったら、確認してもらいたいのが「計算方法の設定」です。

Excelの「計算方法の設定」が手動計算になっていると、自分で再計算させる必要があります。おそらく、何らかのタイミングでこの「計算方法の設定」が手動計算になったのではないかと思われます。

Excelの「計算方法の設定」を確認してみる

Excel2016で「計算方法の設定」を確認するには、「数式」タブをクリック→「計算方法の設定」ボタンをクリックします。

自動にチェックが入っていれば数値を入れ替えたタイミングで再計算を行う「自動計算」、「手動」にチェックが入っていれば再計算が実行されるまで計算されない、つまり、計算結果に自動反映されない「手動計算」となります。

手動計算を自動計算に変更すれば再計算が行われ、変更した数値が反映された計算結果になると思います。

Excelの手動計算と自動計算、何が違う?使い分け?

Excelで計算式や関数がたくさん使われていると、計算式や関数の対象範囲の数字を入れ替えるたびに再計算が行われます。

パソコンの性能や処理能力、計算式や関数の量にもよりますが、たくさんの再計算を行うとパソコンに負荷がかかり、動作が遅く(重く、ともいいます)なります。

それを避けるため、ご自身のタイミングで再計算を行うという「手動計算」を設定されている人もいらっしゃるようです。

ちなみに、「計算方法の設定」を「手動計算」にしている場合、キーボードのF9キーを押すと再計算させることができます。

Excelで関数が入ったセルや関数が入ったセルがたくさんあって、いちいち再計算すると動作が重くなるという場合は手動計算にしておくほうがいいこともありますが、一般的な使用であれば自動計算のままにしておかれたほうがいいと思います。

Excelで自動計算→手動計算に切り替わった理由は?

このように、ある日突然、値を変えても計算結果に自動反映されなくなったという話はよくあります。そして、たいていの人が自動計算→手動計算に切り替えた記憶はないとおっしゃいます。

いろいろな原因があるかと思いますが、よくあるのが人が作ったExcelファイルを自分のパソコンで開いた後に手動計算に切り替わったというもの。

Excelで手動計算が設定されたファイルを開いて操作した後、また別のファイルを開いたときに自動計算→手動計算に切り替わることがあるようです。これは、Excelの設定が引き継がれるのが一因。

自分で作ったファイルではないため、気づきにくいですよね。人が作ったファイルにはどんな設定がされているかは分かりにくいものです。

今回、ご紹介した方法でExcelの再計算のタイミングを自動にするか、手動にするかを設定することができますので、ご自身の環境や状態に合わせて変更してみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました