【Excel】計算結果ではなく「####」と出た?!

高齢者のためのエクセル教室
この記事は約2分で読めます。

「自治会の会計報告を作成中、計算式を入れてセルを確定させたら計算結果ではなく「####」と表示された」と電話がかかってきました。

再現してみたのが下の図です。

A1セルとB1セルをかけ算したら結果が出ずに「####」と出た

Excelではセルの幅が表示したいものより狭いと「####」と表示されるので、セルの幅を調整すればこの「#####」は消えて、計算結果が表示されます。

スポンサーリンク

Excelで計算結果が出ずに「#」がいくつも表示されたときは

列の幅を調整すれば計算結果が出ます。

Excelで列幅を入力されている値をもとに自動調整するには、調整したい列の列番号の右側の境界線にマウスポインタを合わせて

ダブルクリックします。

スポンサーリンク

Excelでは記号以外にアルファベットが表示されることがある

Excelは、今回のように表示したいものよりセルの幅が狭いと表示される「#####」以外にも、計算結果ではなくアルファベットが表示されることがあります。

たとえば、「#DIV/0!」や「#N/A」といったもの。これらは「エラー値」と呼ばれるもので、計算式の間違いや計算に用いるデータ(引数)が適当でない場合に表示されます。

Excelでよく見かけるエラー値には以下のものがあります。

#DIV/0!割り算で空白のセルまたは0が入力されたセルを参照している
#N/Aセルを検索するような関数を使用しているとき、検索範囲の中に合うデータがない。
#NAME関数名が間違っている場合、もしくはExcelのバージョン違いで対応していない関数を使用している
#NUM!使えない数値を指定している
#REF!計算式の中で無効なセルを参照している
#VALUE!計算式の引数を間違えている

計算式を入力したらエラー値が表示されたときはセルの右上に黄色い!マークが出てくるのでクリック→「計算の過程を表示」をクリックしてもらうとエラー値が出た理由が分かります。

計算式は「=SUM(A1:A4)/A5」。A1からA4セルに入力している値を合計し、A5セルに入った値で割るという計算なのに、A5セルには0が入っているためエラー値が表示された
スポンサーリンク

Excelでは数字や計算結果が表示させられるほどの列幅がないと、「#」や「〇E+〇」といったような表示になります。セルに「#」や「〇E+〇」が表示されたときは列幅を調整すれば表示させることができます。

また、上のような記号以外にアルファベットが表示されることがありますが、計算式の入力間違いや引数の間違いによるものなのでエラー値を見て参照先や引数、計算式・関数などの間違いがないかを確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました