【Excel2016】上書き保存ができない?!

この記事は約4分で読めます。

Excel2016を使って関数の授業をしていたときのこと。上書き保存してくださいね~という声に

先生!上書き保存できへんで!

と。Excel2016で上書き保存ができなくなる原因とその対処法についてまとめます。

スポンサーリンク

Excel2016で上書き保存をしたときに「ファイル〇〇にアクセスできません」と表示される

ファイルを二重に開いている

Excel2016で上書き保存をクリックするとエラーメッセージ「ファイル〇〇(ファイル名)にアクセスできません」が表示されたときは、ファイルを二重に開いているのが原因であることが多いです。

Excel2016でファイルを開くとき、どうやって開いていますか?

Excel2016を起動してから「ファイル」をクリックして「開く」をクリックしていますか?それとも、ドキュメントなどからファイルのアイコンをダブルクリック(またはクリック)で開いていますか?

実は、前者であるExcelを起動してからファイルを開くと上書き保存ができないという現象は起こりづらく、後者のドキュメントなどからファイルのアイコンをダブルクリック(またはクリック)して開くと上書き保存ができない現象が起こりやすくなります。

というのも、ドキュメントなどのファイルアイコンをダブルクリック(またはクリック)で直接開く操作というのは、

  • Excelを起動する
  • ファイルを開く

という2つの操作を同時に行っていることになります。2つの操作を同時に(実際はソフトが起動してからファイルを開く)行うということは、パソコンに負荷がかかりますし、時間もかかります。

もしかしたらダブルクリック(またはクリック)したのに反応がないからともう一度ファイルのアイコンをダブルクリック(またはクリック)してしまうことはないでしょうか。

実は、これが二重にファイルを開いてしまう原因。そして、上書き保存ができない理由のひとつになります。

Excel2016がフリーズしたため回復済みファイルになっている

それともうひとつは、Excelの操作中に処理が止まってしまう「フリーズ」を起こしたときに回復済みファイルになってしまったというのがあります。

Excelには自動保存機能というのがあり、操作している最中、ある一定の間隔で自動保存が行われています。これは、ファイルに保存するという作業とは異なり、一定の間隔の間に行われた操作を仮覚えしてくれているだけ。

Excelを操作中にフリーズしてしまったときに、この自動保存機能を使って仮覚えした操作を回復させるときにできるのが「回復済みファイル」と呼ばれるものになります。

ちなみに、この「回復済みファイル」は何度も書きますが、仮覚え状態ですのでそれまで行っていた操作すべてを覚えているわけではありません。

フリーズのタイミングが悪いとまったく自動保存されていないこともあるので、Excelを操作するときは収まりのいいところで上書き保存することを習慣にしてもらうといいでしょう。

USBメモリなどに入れてあるExcelのファイルを開いて操作した後、上書き保存ができないときにもこのエラーメッセージが表示されることがあります。

Excel2016で上書き保存ができないときの対処法

Excel2016で上書き保存ができないときには、「ファイル」をクリック→「名前を付けて保存」で別の名前を付けなおして保存してみましょう。

名前を付けなおして保存ができたら、一旦、Excelを終了させた後、Excel2016を起動してから、「ファイル」をクリック→「開く」をクリックして名前を付けなおしたファイルが開くかを確認してみてください。

ファイルが何事もなく開いてくれば解決です。

上書き保存できなかったファイルがドキュメントなどに残っているので、名前を付けなおしたファイルを残してこの上書き保存ができなかったファイルを削除しておくと紛らわしくなくていいと思います。

スポンサーリンク

Excel2016で上書き保存ができないときの原因と対処法、まとめ。

Excel2016で上書き保存できない原因としては、ファイルを二重に開いてしまっている、または直前にExcel2016がフリーズしたなどが原因で回復済みファイルになってしまっていることが考えられます。

Excel2016で上書き保存できないときは、名前を付けなおして保存し直し、Excelを一旦終了してから、Excelを起動し名前を付けなおしたファイルを開いて問題なく開くかを確認してください。

また、今回は、Excel2016で上書き保存できない原因と対処法について書きましたが、Word2016でも同じように上書き保存ができないときは、同じ方法で対処してみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのエクセル教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました