【Excel】表の外枠の線を太くしたい。太い罫線を引く方法

スポンサーリンク
高齢者のためのエクセル教室
高齢者のためのエクセル教室
この記事は約3分で読めます。

Excelにはたくさんのマス目(セル)があってグレーの線で区切られていますが、セルを区切るグレーの線はそのままでは印刷することはできません。

線を引きたいセルを選択して、「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリック、たくさんある罫線の種類から引きたい線をクリックすれば線を引くことができます。

Excelの罫線について、表の周りの線の太さを太くしたいという問い合わせが多いので、今回は表の周りの線を太くしたり、線の一部を二重線にしたりする方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

【Excel】罫線を使って表の外枠だけ線を太くする

Excelの枠線はそのままでは印刷されない

Excelはセルの境目はグレーの線(枠線)で表示されていますが、この表を印刷プレビューで確認すると、

セルの境目にあったグレーの線(枠線)は印刷されないことがわかります。

線を引きたいセルを範囲選択し、罫線を操作する

この表に印刷することができる線を引くには、線を引きたいセルを範囲選択し、「ホーム」タブにある「罫線」ボタンをクリック、「格子」など線の種類をクリックします。

印刷プレビューで確認すると罫線が引かれているのが分かります。

表の周りの線を太くしたいなら「太い外枠」を選択

表の周りの線を太くするには表全体を選択してから「ホーム」タブにある「罫線」ボタンをクリック→「太い外枠」をクリックします。

スポンサーリンク

Wordにある、ドラッグで1本1本線を引いて表を作る操作「罫線を引く」はExcelにはないの?

「罫線」ボタンをクリックした中にある「罫線の作成」がWordの「罫線を引く」になる

Wordやと線の1本1本をドラッグで線が引けるんやけど、Excelやと(罫線)どこにあるんや?

Wordで線の1本1本をドラッグで引くというのは、おそらく「挿入」タブにある「表」ボタンをクリック→「罫線を引く」だと思うのですが、

Excelだと「ホーム」タブにある「罫線」ボタンをクリックした中にある「罫線の作成」がそれにあたります。

Excelの「罫線の作成」で罫線を引く方法は?

Excelの「罫線の作成」はWordの「罫線を引く」と同じように、線を1本ずつ引くことができます。

Excelの「ホーム」タブにある「罫線」ボタンをクリックし、「罫線の作成」をクリックするとマウスポインタが鉛筆のような形に変わります。鉛筆の先を線を引きたいところ(枠線)に合わせてドラッグすれば罫線を引くことができます。

Excelの「罫線の作成」を選択する前に罫線のスタイルを選択すると、選択した罫線の種類(スタイル)で罫線を引くことができます。

Excelの「罫線グリッドの作成」を使えばセル単位で罫線を引くことができる

Excelの「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックした中には、「罫線グリッドの作成」というものもあります。この「罫線グリッドの作成」を使えばセル単位で罫線を引くことができます。

Excelの「罫線の作成」・「罫線グリッドの作成」を終えるにはキーボードのESCキーを押します。

表の一部の線を二重線にしたい

表に引く罫線にはたくさんの種類がありますが、よく質問されるのが「二重線の引き方」です。

表の一部の線、たとえば、項目と数値が入っているところを二重線で区切りたい(下の図の赤く囲ったところに二重線を引きたい)とします。

Excelで二重線の罫線を引くにはいくつか方法がありますが、ドラッグして線を引く方法が一番イメージしやすいと思います。

「ホーム」タブにある「罫線」ボタンをクリック→「線のスタイル」にマウスポインタを合わせ、「二重線」をクリックします。

「罫線のスタイル」をクリックすると、マウスポインタの形が鉛筆に変わるので線を引きたいところに鉛筆(マウスポインタ)の先を合わせてクリック。

そのまま右方向にドラッグすれば二重線を引くことができます。

タイトルとURLをコピーしました