Excelの罫線設定。どこにどんな線を引くのかを細かく設定することができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelで表を作ったときに必要になる操作として「罫線」がありますが、この罫線に対してご質問がありましたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

Excelは数値や文字を入力してから範囲を選択して罫線を引く

ExcelはWordと違って最初から枠(セル)が見えていますね。そのセルの中に数値や文字などのデータを入力したあと、必要な範囲を選択して罫線を引く、というのが流れになっています。

Wordの場合は逆ですよね。罫線(表)が引かれた状態になっている中に数値や文字を入力していきます。

Excelで数値や文字をセルに入力した後、罫線を引くという操作は、罫線を引きたいセル(範囲)を選択→「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、使いたい罫線の種類を選択するという流れになります。

では、Excelで基本的な表を作ったときの罫線設定の流れをみていきましょう。

Excelの罫線、一般的に使われているのは格子

まず、サンプルとして以下のような表があったとします。

表にしたい範囲をドラッグで選択したあと、

「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、一覧にある「格子」をクリックします。

これで選択したセルに罫線を引くことができました。

表全体の外側の罫線だけを太くするには「外の太枠」を使おう

表の外側に太い線を引きたいんやけど

表の外枠に太い罫線を引きたいときは、表全体を選択した状態にして、先ほどと同じように「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、「太い外枠」をクリックします。

表の外側にだけ太い罫線が引かれたのが確認できます。

罫線の一覧にない罫線を使いたい。その他の罫線で設定できる

携帯の列の左側に二重線が引きたいんやけど

先ほど表示させた罫線の一覧の中には縦に引くことができる二重線の設定はありません。

ではどうすればいいか。罫線には他にも種類がありますので設定できる画面を呼び出します。

まず、二重線を引きたい範囲(今回は罫線の列)を選択した状態で

「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、「その他の罫線」をクリックします。

「セルの書式設定」画面が表示されたら、画面左側で「二重線」をクリックし、

二重線を引きたいところを罫線の中でクリックし、OKボタンをクリックします。

どうですか?携帯の列の左側に二重線が引かれましたか?

では、練習です。表の1行目(№で始まる行)の下に二重線を引くにはどこを選択すればいいでしょうか?

正解は、A2セルからE2セルですね。

Excelの罫線の削除は、枠なしを使うと手間が省ける

では、最後に、罫線の削除の方法を書いておきますね。罫線が設定されているセルで、罫線を削除したい範囲を選択した状態にします。

「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、「枠なし」をクリックすれば罫線がない状態、つまり罫線を削除することができました。

Excelの罫線操作のまとめ。

ざっと罫線について書いていきましたが、他にもいろいろな線がありましたね。それから色や太さも変更できますし、セルに斜めの線を引くこともできます。

Excelでの罫線操作の基本は、罫線を引きたいセルを選択しておく→「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、一覧の中から引きたい罫線を選択する流れです。

罫線の一覧の中に引きたい罫線がなければ、「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックして表示される一覧の一番下にある「その他の罫線」をクリックすれば、「セルの書式設定」という画面が表示されますので、細かい罫線の設定ができるようになります。

また、間違って罫線を引いてしまったり、罫線をもう一度引き直したりするときは「ホーム」タブの中にある「罫線」ボタンをクリックし、「枠なし」で罫線を削除することができます。

罫線の削除方法を覚えておくことでいろんな罫線を引いてみることができそうです。

Excelでの罫線操作の基本は、罫線を引きたいセルを選択することと選択したセルまたは範囲のどこにどんな線を引くのか、です。

いろんな罫線を引いてみて、気に入らなかったら罫線の削除、で練習してみてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク
こちらの記事も一緒に読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする