【Excel2016】セルの中で好きなところで改行するには

この記事は約4分で読めます。

Wordで作成した表なら一つのセルの中で好きなところで改行することはできますが、Excelでも同じことができますか?と聞かれました。

Wordで改行するときはキーボードのEnterキーを押しますが、ExcelでキーボードのEnterキーを押すと、セルの中で改行するのではなく次のセルへアクティブセル(セルを選択すること)が移動してしまいます。

また、Excelでセルの中に長文を入力しても行の高さは変わらないので、セルの幅を飛び越えて文字が入力されてしまい、印刷すると右側の文字が印刷できないことがあります。

今日はExcelのセルの中で好きな位置で改行する方法と、セルの中で長文を入力しても折り返してセルの高さを自動調整してくれる方法、セルの幅を変更できない時に文字を縮小する方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

Excelのセルの中で好きな位置で改行する方法

セルの中で文章を入力したとき、好きな位置で改行するにはキーボードを使います。改行といえばEnterキーを押す、それは合っているのですが、それだけでは先ほど書いたとおり、アクティブセルが移動してしまうだけで改行はされません。

セルの中で文章の好きな位置で改行するには、キーボードのAlt(オルト)キーを押しながらEnterキーを押します。

Excelのセルの中で好きな位置で改行するならキーボードのAltキーを押しながらEnterキーを押す

Excelで、セルの中に長文を入力しても折り返してセルの高さを自動調整させる方法

長文を入力したセルで上にご紹介した方法を使えば、好きなところで改行することができますが、自動的に文字を折り返し、セルの高さを自動調整してくれる機能もあります。

長文を入力したセルを選択した状態で、「ホーム」タブをクリック→「折り返して全体を表示する」ボタンをクリックします。

長文を入力したセルを選択した状態で、「ホーム」タブをクリック→「折り返して全体を表示する」ボタンをクリックするとセルの幅に合わせて文字が自動的に折り返され、セルの高さは自動調整される

セルの幅に合わせて自動的に文字が折り返されるようになりました。

この「折り返して全体を表示する」設定をしたセルは、セルの幅を広げても自動的に折り返してくれるので便利です。

セルの幅を広くすると文字の折り返しは調整されますが、セルの高さは調整されません。文字の折り返した状態がセルの高さが高過ぎる場合は、行番号の下側の境界線にマウスポインタを合わせてダブルクリックすると、セルの高さも文字の折り返しに合わせて自動調整されます。

 

セルの幅を変更できない時に文字を縮小する方法

Excelで表を作っていると、セルの幅が決まっていてその中に文字を収めなければならないときがあります。セルの幅が決まっている中で文字を収めたいなら、文字のサイズを小さくすればいいのですが、セルひとつずつで文字サイズを変更するのは手間がかかります。

そこで試してもらいたいのが、「縮小して全体を表示する」です。

ただし、この「縮小して全体を表示する」はボタンにはなっていません。どこから呼び出すかというと、配置の設定にマウスポインタを合わせてクリックし、セルの書式設定の画面を表示します。

セルの書式設定画面で、「配置」タブが選ばれていることを確認し、文字の制御の中にある「縮小して全体を表示する」にチェックを入れ、OKボタンをクリックします。

セルの書式設定から「縮小して全体を表示する」にチェックを入れれば、セルの幅に合わせて文字の大きさを自動調整してくれる。

この「縮小して全体を表示する」を使えば、セルひとつひとつに入力された文字を小さくしていく作業をカットすることができるので覚えておくと手間が省けます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのエクセル教室
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました