Windows10の「ペイント」を使って写真のサイズ・容量を小さくする方法

高齢者とパソコン
この記事は約5分で読めます。

メールに写真を添付して送りたいんだけれど、サイズが大きくて送ることができない。写真のサイズを小さくする方法を教えてほしいという質問がありましたので、Windows10に標準でインストールされている「ペイント」を使って写真のサイズ、容量を小さくする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Windows10に標準でインストールされている「ペイント」を使って写真のサイズと容量を小さくする方法

スタートボタンをクリック→「Windows アクセサリ」をクリック→「ペイント」をクリック

ペイントが起動しました。

サイズ・容量を小さくしたいファイルをペイントで開きます。

「ファイル」をクリック→「開く」をクリック

サイズ・容量を小さくしたいファイルを選択し、「開く」ボタンをクリック

ペイントで写真を開くことができました。

上の画像を見てもらうと分かるように、写真が見切れてしまっていますが、気にしないでこのまま操作を続けてください。
写真のサイズを変更すればこの見切れは解消されます。
「ホーム」タブをクリック→「サイズ変更」ボタンをクリック

「サイズ変更と傾斜」の画面が開いたら、サイズ変更の「単位」を「ピクセル」に変更します。

単位をピクセルに変更すると、水平方向、垂直方向にピクセルで表したときのサイズに変更されます。

写真の向きが横であれば「水平方向」、写真の向きが縦であれば「垂直方向」の値を「1000」に入力し直します。※ピクセルの値が大きいほうを変更します

水平方向または垂直方向の値を入力し直す前に上の図の青い枠で囲った部分、「縦横比を維持する」にチェックが入っているかを必ず確認してください。

サイズが変更できました。

ペイントでサイズ変更した写真を絶対に上書き保存しないでください!元の写真が小さくなってしまいます!一度小さくしてしまった写真は元のサイズに戻すことはできません!

最後にサイズを小さくした写真を保存してあった場所とは別の場所(デスクトップが便利です)に保存します。

「ファイル」をクリック→「名前を付けて保存」→「JPEG画像」をクリック

「名前を付けて保存」画面が開いたら、画面左側にある「デスクトップ」をクリックします。デスクトップに画面が切り替わったのを確認し、「保存」ボタンをクリックします。

保存が終わったら、ペイントを閉じます。

デスクトップに先ほど保存した写真があれば完了です。

写真の容量を確認する方法

では、どれくらい容量が小さくなったのかを確認してみます。

デスクトップに保存した、サイズが小さくなった写真の上にマウスポインタを合わせて右クリック→「プロパティ」をクリックします。

「プロパティ」画面が開いたら「全般」タブのサイズの値を確認してください。

同じ方法で「ピクチャ」にある元の画像も、プロパティから容量を確認してみると

元々の写真は、1.48MBの容量でしたが、ペイントでサイズを小さくすると274KBの容量になりました。大体、4分の1くらいの容量になりました。

これならメールに添付して送っても問題ない容量ですし、ブログやホームページに使ってもらっても大丈夫な容量だと思います。

印刷となるとL版くらいは大丈夫かなと思いますが、A4サイズで印刷するには不向きだと思います。

写真のサイズと容量は違うの?

先ほど、プロパティで写真のサイズを確認しましたが、正確にはサイズではなく「容量」の確認でした。

写真の「サイズ」とは大きさのこと。パソコンで写真の大きさを表す単位は「ピクセル」です。写真で言えば、幅〇ピクセル、高さ〇ピクセルと表します。

もうひとつの「容量」とは重さのこと。パソコンで写真などのファイルの重さを表すには以下の単位を使います。

軽いほうから

  • B(バイト)
  • KB(キロバイト)
  • MB(メガバイト)
  • GB(ギガバイト)

となります。先ほど比べてもらったものをもう一度見てもらうと、元の写真は1.48MBの重さで、ペイントでサイズを小さくしたほうの写真は274KBの重さまで軽くすることができていますね。

ちなみにメールに写真を添付する際、写真の重さは軽いほうがいいと言われています。これは、メールを送受信するときに通過する「メールサーバー」によって異なりますが、重さの制限があるところのほうが多いので、重いファイルはできるだけ軽くして添付するようにするのがマナーです。

写真を上書き保存せずに別の場所に保存した理由

ところで、サイズを小さくした写真を上書き保存せずに別の場所に保存したのでしょう。

これには2つの理由があります。

まずひとつめは、デジタルカメラで撮影した写真というのは容量もサイズも大きくなりがちです。しかし、容量やサイズが大きな理由は「高解像度」だからです。解像度が高ければ印刷してもきれいです。

もし、サイズを小さくした写真を上書き保存してしまったら、せっかく高解像度で撮影した写真が小さくなってしまい、元のサイズには戻せなくなってしまいます。

別の名前で同じ場所に保存すればそのままのサイズの写真もサイズを小さくした写真も残しておくことはできますが、それだとどちらが高解像度の質のいい写真かが「プロパティ」を見なければ分からなくなってしまいます。

それだと手間がかかってしまうので、別の場所である「デスクトップ」に保存することでその状態を回避することができるからです。

デスクトップに保存すれば探す手間も省けますし、必要なくなったら「ごみ箱」にドラッグして重ねれば削除もできます。

もう1つの理由は、写真(JPEGの場合)の持つ性質です。

JPEGというのは圧縮率が高い性質を持っていて、上書き保存するたびに写真が圧縮されますので、どんどん画像が荒くなっていってしまいます。

もし、元の画像をそのまま上書き保存してしまったら元のサイズに戻すこともできませんし、元のきれいな画像に戻すことも出来なくなってしまいます。

なので、元の画像をきれいなまま元の場所に残しておくために、サイズ変更した写真は別の場所に保存する操作を行います。

ペイントを使って写真のサイズ・容量を小さくする方法、のまとめ

ペイントを使えば写真のサイズや容量を小さくすることができます。メールに添付したり、ブログやホームページに使う場合に有効な方法です。

ただし、元の解像度が高くきれいな写真はそのまま残すために、絶対に上書き保存してはいけないということを忘れないようにしてくださいね。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
投稿に関するお問い合わせやご質問はメールフォームからお願いいたします。
スポンサーリンク
高齢者とパソコン
スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました