Microsoft365(旧Office365)の支払いにクレジットカード以外の方法はない?

スポンサーリンク
高齢者とパソコン
この記事は約5分で読めます。

この前、パソコン見に行ったら入っとるソフトの中に「Microsoft365」っていうのがあって。店員さんにいろいろ聞いたんやけど意味が分からんかったんや。

と電話がかかってきました。話を聞いてみると、Microsoft365を使いたいならクレジットカードが必要というような話をされたとか。

スポンサーリンク

Microsoft 365(旧Office365)はクレジットカードでしか支払いができないのか?

Microsoft 365はデビットカードでも支払いできるようになった

クレジットカードはあんまり使いたくないんや。どうしてもクレジットカードがないとこれ(Microsoft365)は使えんのか?クレジットカードは使いたくないんや。

確かに、Microsoft365の支払い方法について店頭ではクレジットカードが必要というようなニュアンスの説明がされることがあるようですが、Microsoftアカウントにログインしてみると、クレジットカードまたはデビットカードとなっていますので、必ずしもクレジットカードかPayPalでしか支払うことができないというわけではありません。

国際ブランド付きデビットカードなら、Microsoft 365の支払いに使える

ほやけど、画面見るとクレジットカード番号みたいに16桁、入力せなあかんみたいやぞ。

デビットカードと言えば、店頭で「デビットカードで」と伝えて、銀行口座のキャッシュカード、キャッシュカードの暗証番号で決済。決済した時点で、その銀行口座から引き落としされるものがよく知られていますが、インターネットショッピングだと利用できません。

実は、デビットカードにはもうひとつ、国際ブランド付きデビットカードなるものがあるんです。

銀行のATMで使用するキャッシュカードを使ってレジ決済ができる「J-Debit」というものと、クレジットカードと同じように使用できる「国際ブランド付きデビットカード」というものがあります。

「国際ブランド付きデビットカード」というのは、クレジットカードと同じように16桁の数字やセキュリティコードが発行されるようになっていますが、クレジットカードとはまったく違うものなんです。

スポンサーリンク

(国際ブランド付き)デビットカードとクレジットカード、何が違う?

クレジットカードとデビットカードは何が違うんや?

クレジットカードは、毎月1回指定された日にまとめて支払う、後払いで支払う仕組みですね。さらに、一括払い以外に分割払いやリボ払いが選べるようになっています。

国際ブランド付きデビットカードは、使用するたびに指定した銀行の口座から即時引き落としがされます。クレジットカードとは違い、分割払いやリボ払いができませんが、口座に入金されている金額以上使うことができないことから使い過ぎを防止する効果もあります。

そやけど、この(Microsoft365の)支払いに使うだけやのに、わざわざ(国際ブランド付き)デビットカード作るとなると面倒やな…

国際ブランド付きデビットカードは、クレジットカードと同じように普段利用するお店などで利用することができるんです。

店頭で「カードで」、支払い回数を聞かれたら「一回払いで」と伝えるだけ。

決済端末がICチップ対応のものであると暗証番号を求められます。この暗証番号とは、国際ブランド付きデビットカードを作成したときに設定した4桁の暗証番号のことです。PINともいいます。

デビットカードの「J-Debit」だとインターネットショッピングには使用できませんが、国際ブランド付きのデビットカードなら、クレジットカードと同じようにインターネットショッピングの支払いにも使うことができます。

そうか、ネットでも店でも使えるんなら(国際ブランド付き)デビットカード作ってもええな。どうやったら作れるんや?

国際ブランド付きデビットカードを作るなら、デビットカードの引き落としに使いたい口座がある銀行に問い合わせましょう。すべてではありませんが、インターネット上で作成することもできます。

国際ブランド付きデビットカードの「国際ブランド」とはVISAやMastercard、JCB、American Express、Diners Clubなどがあります。

わかったわ、明日にでも銀行行ってみるわ。
クレジットカード使わんでもええなら、Microsoft365使いたいしな!

クレジットカードとは違いますが、国際ブランド付きデビットカードも暗証番号や名前を知らなくても利用できることがありますので、くれぐれも紛失・不正利用されないように注意してくださいね。

Microsoft 365の支払いにデビットカードが使えるようになった、のまとめ。

Microsoft 365(旧Office365)とは、Microsoft Officeのソフト、WordやExcel、PowerPointなどが月々または年払いで利用することができるプランのことをいいますが、このように月々または年払いで利用する契約方法のことを「サブスクリプション」または「サブスク」といいます。

サブスクとは?サブスクリプションについてまとめてみた。

Microsoft 365は、今までのMicrosoft Officeとは異なり、月々または年払いで料金を支払い続けることで、WordやExcel、PowerPointなどのMicrosoft Officeのソフトが、最新の状態で利用できます。

Office365とは。Microsoft OfficeとOffice365の違いについて書いてみた

支払いを止めればこれらのソフトは使用できなくなりますが、今まで一括購入しか購入方法がなかったものが、月々または年払いで料金を支払い続ける限り、常に最新のソフトが利用できるというのは魅力ですよね。

今回、Microsoftアカウントにログインして確認したところ、デビットカードも利用できるようになりましたが、それ以前はクレジットカードかPayPalでしか支払うことができなかったので、クレジットカードを持っていないから使えないという人がいらっしゃいました。

国際ブランド付きデビットカードはクレジットカードと同じように加盟店での支払いやネットショッピングに使用することができますし、限度額は自分の口座に入金されている残高なのでクレジットカードだと使いすぎてしまうかも…と不安に思う方の選択肢のひとつになるんじゃないかなと個人的には思います。

タイトルとURLをコピーしました