スマホは買えばなんでもできるというのは少し誤解があるかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを買えば何でもできるようになる。そう話される人がたまにいらっしゃいます。

確かにガラケーと呼ばれる携帯電話に比べればスマホのほうができることは多いのかもしれません。が、スマホを手にしてすぐに何でもできるようになるわけではなくて、スマホというのは自分が使いたいように設定したりアプリをインストールしたりしていくことでできることが増えていくというものなのではないかと思います。

スマホは購入してすぐは基本的なアプリのみがインストールされている状態です。通話はできますし、メールもできますからさほど困ることはないかと思いますが、たいていの人は「これだけしかないの?」と戸惑います。

インストールされている基本的なアプリといえば、通話とメール以外に地図やホームページを見るブラウザアプリ、時計等ではないかと思います。

使う人が必要に合わせてアプリをインストールしていく、つまりカスタマイズしていくのがスマホの使い方であり、醍醐味なのです。

そして、スマホにアプリをインストールするときに使用するのがアカウントとパスワードです。スマホは何かしようとするとこのアカウントとパスワードが必要になります。

【用語】アカウントって何?
パソコンやスマホを使っていると、アカウントという言葉をよく目にすると思いますが、このアカウントというのはいったい何なの?という相談がありまし...

携帯電話(ガラケー)は、電話番号とあなた自身が紐づけられています。スマホはというとガラケーと同じく電話番号とあなた自身を紐づけている関係に加えて、アカウントとあなた自身が紐づけられます。

携帯電話会社とあなたを結び付けているのが携帯電話番号、スマホに入っているOS(AndroidやiOSなど)とあなたを結び付けているのがアカウント。つまり、あなたがスマホを手に取った時点で、ふたつの関係が成立しているのです。

スマホはOSによってインストールできるアプリが違う

iOSであればiPhoneやiPadのなかにある「App store」、Androidであれば「Google play」というアプリを使ってアプリを探したりインストールします。

アプリの中にはAndroidだけでしか使えないものもあれば、iOSでしか使えないものがあります。LINEやFacebookなどのようにどちらのOSにも対応できるアプリがあることもあります。

アプリには無料と有料、使用中に課金するものがある

アプリの多くは無料で手に入れることができるものもありますが、中には有料でしか手に入れることができないアプリもあります。

また有料で手に入れたあとはずっとそのまま使えるものもあれば、無料で手に入れたアプリであっても使用中に課金が必要なアプリもあります。

なお、無料のアプリの場合はアカウントとパスワードがあればインストールすることができますが、有料もしくは課金にはいくつか方法があります。アプリの購入費用を支払う場合、コンビニなどで購入できるプリベイトカードがおすすめです。

スマホの保存容量は有限。不要なアプリは削除する

無料だからといってアプリをわんさかインストールしている方がいらっしゃいますが、スマホというのはパソコンと同じように保存容量がありますので、もし使っていないアプリがあれば削除するようにしてください。とはいえ、意外と容量の大半を占めているのが写真です。

写真は定期的にパソコンや別の保存媒体にバックアップを兼ねてコピーしておくようにしましょう。

Androidスマホで撮影した写真をWindows10パソコンに取り込む方法
Androidスマホで撮影した写真をWindows10のパソコンに取り込む方法について。
iPhoneで撮影した写真をWindows10のパソコンに取り込む方法
iPhoneで撮影した写真をWindows10のパソコンへ取り込む方法をご紹介しています。iTunesの設定を変更すれば、デジタルカメラと同じような方法でパソコンに取り込むことができますよ。

スポンサーリンク

スマホって買ったらすぐに何でもできるわけじゃない。だけど、できるようにする楽しさはあると思う。

すぐには使えないけど、自分がやってみたいことがあるならアプリを探してそれをインストールして使えるようにするのがスマホの使い方です。

ある人は健康管理にスマホを活用しているし、ある人はコミュニケーションツールとしてスマホを活用されています。

アプリを追加していくことでスマホを自分仕様にしていく、これもスマホ利用の楽しみのひとつじゃないかと思います。

まずは使っている人にたくさんお話を聞いてください。その中でやってみたいなと思うものに出会うことができると思います。

月々、電話とメールだけに支払うにはコストがかかり過ぎ、ですもんね。付加価値は人から与えられるものではなく、自分からやってみたいと仕様を整えていきながら、ご自身だけの付加価値を見つけていけるのがスマホやタブレットというものではないかと思います。

関連記事 これからの高齢者はスマホやタブレットを使えたらOK?

ぜひ。たくさんの人の話を聞いてみてくださいね。

著者情報
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています