スマホは「アプリ」をインストールすることでできることが増えていく

高齢者とスマホ
JESHOOTS / Pixabay
この記事は約5分で読めます。

高齢者を対象としたパソコン教室の生徒さんの中にも、スマホに機種変更する人が増えてきました。スマホについて雑談しているとき、「先生、スマホって買えば何でもできるようになるよね」と生徒さんが言いました。

スポンサーリンク

スマホを買ってすぐは標準アプリしかインストールされていない

スマホを購入してすぐにできることといえば、電話することとメールをすること、あとはスマホに初めからインストールされているアプリでできることだけです。

スマホは、インストールするアプリによって「できること」が増えていくもの。自分が使いたい機能を持ったアプリを探してインストールしていくことでより使いやすく便利になっていくものなのです。

ちなみに、スマホを購入した時点で使用できるアプリは、携帯電話会社によって、またスマホのメーカーによって異なります。

多くのスマホにインストールされているアプリは次のようなものです。

  • メール
  • 地図
  • 時計
  • カレンダー
  • ブラウザ(ホームページを見るためのアプリ)
  • アプリをダウンロードするためのアプリ

最近は、上のアプリに加えて「LINE」や「Facebook」というアプリがインストールされていることが多くなりました。

スマホを使ってやりたいことに合わせてアプリを探してダウンロード・インストールする

たとえば、スマホでゲームがしたいなら、ゲームアプリをアプリをダウンロードするためのアプリで検索し、自分のスマホにダウンロード、インストールします。

ちなみに、スマホでアプリをダウンロードするためのアプリは

  • iPhone…App Store
  • Androidスマホ…Google Play

になります。

iPhoneでアプリをダウンロード・インストールする方法

iPhoneでアプリをダウンロードするには、「App Store」アプリを使います。

ダウンロードしたいアプリを「検索」をタップし、検索します。

今回は、オセロのゲームを探してみます。枠の中に「オセロ」と入力して検索します。

見つかったアプリの中からインストールしたいアプリの「入手」をタップします。あとは、iPhoneの設定によって、パスワードを入力したり指紋認証をしたりすればダウンロードできます。

iPhoneの「App Store」の場合、「入手」となっていれば無料、金額が表示されていればダウンロードするのにその金額が必要です。

スマホアプリには無料でダウンロードできるものとと有料でダウンロードできるものがある

ところで、アプリは無料でダウンロード、インストールできるものと有料のものとがあります。

パソコン教室の生徒さんからも多い質問なのですが、有料のアプリの支払いはどうすればいいのか。

アプリ購入の支払い方法について、クレジットカードを設定している人も多いでしょうが、できれば、コンビニエンスストアや家電量販店などでカードを購入、スマホにチャージしてそこから支払うようにすると使い過ぎも防げます。

スマホのパケット消費量を抑えるには家庭にWi-Fi環境を

アプリをダウンロードするときにはパケットを消費します。

パケットの契約が少ないとあっという間にパケット残量が少なくなり、速度制限がかかってしまうことがあるので、自宅にインターネット回線の契約があるなら、Wi-Fi対応のルーターを購入し、モデムとルータを接続してもらったほうが月々の支払いを抑えることができます。

最近のルーターはボタンを押すだけでパソコンやスマホ、タブレットをWi-Fiに接続する設定ができるものが多いです。

パソコンをインターネットに接続しているなら、月々の支払いはどれだけ使っても定額ですが、パケットは契約している容量が決まっているので、それを超えると速度制限されます。速度制限を解除するにはパケット追加をして、その分支払うしかありません。

スマホアプリの中には起動し使っている間にもパケットを消費するものがある

アプリの中には、アプリを起動し使っている間にもパケットを消費するものがあるので、パケットを消費していることに気付かない場合もあるので気を付けましょう。

よく相談を受けるのが「家族でパケットを分けられるプランに入っているが、あっという間にパケットが無くなり、毎月追加でパケット料金を支払っているんだけどどうにかならないか」というもの。

大抵は動画再生アプリで動画をガンガン見ているのが原因になっているので、家庭にルーターを設置し、スマホやタブレットをWi-Fiに接続することで毎月オーバーしていたパケット使用料をぐんと抑えることができました。

スマホアプリにはインストールすることでウイルス感染するものがある

ここまでアプリの良い部分について書いてきましたが、知っておいてほしいのが、アプリの中には不正なアプリがあるということ。不正なアプリをインストールしたことで個人情報が抜き取られることもあります。

スマホはアプリを追加することでできることが増えていく、のまとめ

スマホは購入した時点では最低限のアプリしかインストールされていません。生徒さんの中には「これだけ?」という人もいます。

自分でアプリを探してインストールすることで初めてできることが増えるのがスマホです。アプリの数はきっと星の数ほどあります。中には有料のものもありますし、不正なものもあります。

アプリをインストールする前に、アプリの名前をネット検索して評判を調べることもこれからは必要なのかもしれません。

スポンサーリンク
この記事を書いている人
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。
高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

パソコン教室の先生をフォローする
高齢者とスマホ
スポンサーリンク
パソコン教室の先生をフォローする
高齢者のためのICT教室
タイトルとURLをコピーしました