Excelで表計算。足し算・引き算・掛け算・割り算する方法

高齢者のためのエクセル教室
jarmoluk / Pixabay
この記事は約5分で読めます。

Excelはセルに入力した数値や文字列を参照して計算式することができます。

計算の基本部分となるのは小学校で習う足し算や引き算、掛け算、割り算です。この足し算や引き算、掛け算、割り算のことを「四則演算」いいますが、Excelで四則演算を行う方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

Excelで計算する方法

Excelでは、計算式や関数を入力するときには、先頭に「=(イコール)」を入力します。

たとえば、1+1という足し算をするなら「=1+1」と入力し、Enterキーでセルを確定すれば計算式を入力したセルに「2」と計算式の結果が表示されるようになっています。

Excelで足し算や引き算、掛け算、割り算するときに使う記号は?

Excelで足し算や引き算、掛け算、割り算をするときには記号を使いますが、キーボードを見てみると足し算の「+」と引き算の「-」はありますが、掛け算に使う「×」と割り算に使う「÷」はありません。

Excelで掛け算をするときに使う記号は「*(アスタリスク)」、割り算をするときに使う記号は「/(スラッシュ)」です。

キーボードの右端に数字が並んだキー(テンキー。電卓のようなところ)には、足し算や引き算、掛け算、割り算に使う記号が配列されていますが、テンキーのないパソコンの場合は、以下のように操作することで記号を入力することができます。

  • 足し算・・・「+」
    ひらがなののキーをShiftキーを押しながら
  • 引き算・・・「-」
    ひらがなののキーをそのまま
  • 掛け算・・・「*」
    ひらがなののキーをShiftキーを押しながら
  • 割り算・・・「/」
    ひらがなののキーをそのまま

Excelには2つの計算式の入力方法がある

Excelには式の中に直接数値を入力する方法と他のセルに入った数値を参照して計算式を入力する方法があります。

たとえば、上の例だとひとつめの方法が「=1+1」、ふたつめの方法だと「=セル番地+セル番地」となります。

式の中に直接数値を入力する方法だとそのセルの中で計算式が完結するので手間がかかりません。他のセルに入った数値を参照する方法だと、計算に使用した数値が変更になった場合、参照元の数値を入力し直せば再計算されます。

では、他のセルに入った数値を参照して計算式を入力する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Excelで他のセルに入った数値を参照して足し算する方法

下の図のようにA1セルに「1」、A2セルに「1」と入力しておきます。

A1・A2セルに入った数値を足した結果をA3セルに表示したいと思いますので、計算式はA3セルに入力します。

Excelで計算式を入力するときは日本語入力をオフにしておきましょう。

A3セルをクリックした状態で、「=」を入力します。

次に、参照元となる数値が入ったセルを指定します。セルを指定するにはマウスを使って参照元となるセルをクリックします。

マウスポインタをA1セルに合わせてクリックすると、先ほど入力した「=」の後ろに「A1」と入力されます。これはA1セルに入った数値を参照する、という意味。選択されたセルは点線で囲まれます。

次に、キーボードで「+」と入力し、マウスを使ってA2セルをクリックします。「+」の後ろに「A2」と入力されたのを確認します。A2セルも点線で囲まれました。

この状態でEnterキーを押せば、計算式が入ったセルに計算結果が表示されます。

次にキーボードを使って「+」を入力した後、マウスを持って、一番上から2つ目のセル(今回の例の場合は、A列の2行目のセル「A2」)をクリックします。すると、「∔」の後ろに「A2」と入力できました。

では、参照元に入力された数値を修正してみましょう。計算式がうまく機能していれば計算結果に自動で反映されるはずです。

例としてA1セルに「100」と入力し、Enterキーで確定させます。

計算結果が「101」となっているのを確認してください。

Excelで自動計算されないときは?

Excelで参照元の数値を入力し直したのに計算結果に反映されないことがあります。これは、手動計算の設定に変更されているからです。

Excelで参照元の数値を入力し直したのに計算結果に自動反映されないときは、「ファイル」をクリック→「オプション」をクリックし、Excelのオプション画面を開きます。

画面左側から「数式」をクリック→「計算方法の設定」の「自動」の前にある〇をクリックしてOKボタンをクリックします。

ファイル→オプション→数式→「自動」以外になっていないかを確認

スポンサーリンク

Excelで足し算するなら「SUM」関数を使うと手間が省ける

Excelで一番多く使用するのは足し算。その足し算はよく使うので関数になっています。足し算に使う関数は「SUM(サム)」といいます。「SUM」はよく使うので「ホーム」タブの中に「オートSUM」ボタンになっています。

オートSUMを使って足し算する方法

計算結果を表示したいセルにオートSUMボタンを使ってSUM関数を入力していきます。

「ホーム」タブの中にある「オートSUM」ボタンをクリックします。

選択したセルの上や下、左か右かにある数値が入ったセルが点線で囲まれ、「=SUM(A1:A2)」と入力されます。

足し算したい数値が入ったセルが選択されている範囲が点線で囲まれていることを確認し、Enterキーを押してセルを確定させると回答結果が表示されます。

Excelで足し算・引き算・掛け算・割り算をする方法と、足し算ならオートSUMボタンが便利という話について

Excelで足し算・引き算・掛け算・割り算をする方法を2つご紹介しました。

ひとつめは計算式に直接数字を入力する方法、もうひとつは数を入力しているセルを使った計算方法でした。

セルを使った計算のほうが、後から数字が変更になっても数字を入力し直すだけで計算結果に自動反映されるので便利だという話を書かせていただきました。

また、計算式で一番使う足し算については、関数の「SUM」を使う方法があり、この「SUM」は非常に利用回数が多いので「オートSUM」ボタンになっているので場所と使い方をご紹介しました。

一般的に使用する計算はほぼ足し算と引き算、掛け算、割り算の組み合わせです。計算式に利用する記号の場所もあわせて覚えていただければと思います。

Excelで表を作る基本的な流れをサンプルを使って説明します
Excelで表を作る基本的な流れを簡単にですが、まとめておきたいと思います。 Excelで表を作る流れ Excelを起動するとあらかじめ「枠」が表示されていますね。この枠を「セル」と呼んでいます。セル1つにひとつのデータ(文字列や数値)...
タイトルとURLをコピーしました