【用語】アカウントって何?

このご質問、非常に多いです。混乱しちゃうみたいですね。

昨日も、Windowsの起動時に要求されるパスワードって、通信会社から来ている書類に書いてあるものか、というお電話を頂戴しました(このパスワードはメールアドレスをパソコンに設定するためのもの、とご説明しました)。

そもそも、アカウントってなんだろう?私なりの解釈でお話していきますね。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

インターネット上のサービスを利用するとき、パソコンを使用するとき、スマホを使用するとき、「自分」を表すのが「アカウント」

インターネットを使ってホームページを見たりするだけならあまり遭遇することがない「アカウント」っていう言葉、のように感じるかもしれませんが、最近のパソコンは、起動時にMicrosoftアカウントというものが表示され、パスワードを入力しないと起動できない設定が推奨されているのをご存知であれば、触れてはいます。

ところが、そのMicrosoftアカウントがメールアドレスなため、メールアドレス=アカウントと理解されてしまう人がいらっしゃいます。昨日のお問い合わせの方も、Microsoftアカウントに登録しているメールアドレスが通信会社のものだったため、誤解が生じてしまったんだと思われます。

追記アカウントの表示をメールアドレスから任意のものに変更することができますよとお伝えし、操作していただきました。

一昔前までは、アカウントはメールアドレスとは別にご自身で作ったり、使用するインターネット上のサービスを提供している会社から付与されたりしていたのですが、最近は、メールアドレスをそのままアカウントとして使用するサービスが増えてきているから、このような誤解や戸惑いが起きるのかと思います。

それではアカウントって何かというと、そのサービスを利用する際、利用者であることを特定するために使用します。

皆さんは会員として何かを利用するときに、名前や住所、生年月日を聞かれたり、会員カードの提示を求められたことはありませんか?

それって毎回、聞かれたり、提示したり、面倒じゃないでしょうか?

インターネット上なら尚のこと、顔が見えないわけですから、本当に会員さんかどうか見極めようとするなら、名前や住所、生年月日を毎回入力してもらうことが必要になります。

とすれば、ひとつのサービスを利用するたびに毎回それを強いれば、会員さんは面倒に感じて利用を止めてしまうかもしれない、これはとても不利益です。

そこで登場したのが、「アカウント」です。

サービスを利用するときには、名前や住所、生年月日やメールアドレスを入力しますよね。それをデータベースに登録します。ただこのままでは毎回入力を求める必要があるので、アカウントを会員ひとりひとりに付与することで、AさんがAさんであるというデータを拾い出す、という流れになっています。

ところが、これまでの過程では、会員情報を拾い出せたというだけであって、本人かどうかを確認する必要があるので、「パスワード」、要は鍵、ですね、鍵を使って、本人だと確認をする、そんな流れになります。

簡単に表現するなら、アカウントは会員番号、パスワードは合鍵とできるかもしれませんね。

アカウントは自分ひとりに与えられたもの。管理は大事にしてくださいね。

使うサービスが増えれば増えるほど増加していくのがアカウント、そしてパスワード。ひとつずつ覚えるのはさすがに大変。

ということで、どのサービスも同じアカウントを使おうとしたり、登録にも同じメールアドレスを使ったり、パスワードまで同じものを使うという方がいらっしゃいます。

でも、これって非常に危険です!絶対にしないでください!

アカウントは、サービスを提供する側が指定してくれている場合はよいのですが、自由に決めてねっていう場合もよくあります。すると、覚えられるか心配だからと別のサービスと同じものを使おうとする方がいらっしゃいます。これ、非常に危険です。

万が一、どこかのサービスで使っていたアカウントやパスワードが盗み取られてしまった場合、盗み取った側はどうするかというと、あらゆるサービスのログイン画面で盗み取ったアカウントやパスワードでログインができないかを試します。同じものが使われていれば間違いなく、ログインできてしまいますよね。そして個人情報などがさらに盗み取られてしまうのです。もし、そのサービスにクレジットカード番号や銀行の口座番号などが登録されていたらどうでしょう。想像するだけで怖くなりますよね。

というわけで、アカウントというのは同じサービスを使う人を見分けるものなのです。だから大切に扱うようにしてくださいね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする