エクセル2016でグラフを作る方法

エクセルでグラフを作る方法をご紹介します。今回は、家計簿のようなデータを準備しました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

エクセル2016で円グラフを作る方法

エクセル2016で円グラフの元を作る

グラフにしたい表を選択します(合計以外)

<挿入>→円またはドーナツグラフの挿入 横の▽をクリック→2-D円グラフをクリック

これでグラフ自体は完成します。

円グラフにデータラベルを表示する方法

グラフを選択した状態で上の右角近くにある「+」ボタンをクリックし、データラベルのチェックを入れます。すると、グラフ内に表内の数値が反映されます。

Excel2016で円グラフを使ったときのデータラベル設定
Excel2016で円グラフを使ったときのデータラベル設定

グラフの中に数値が表示されていたほうが一目でデータが確認できて親切なのではないかと思います。

円グラフのデータラベルを%表示にする方法

このままでもいいのですが、円グラフというのは全体から見た割合を見やすく表現するグラフです。グラフ内のデータラベルがデータそのままでも構わないのですが、もうひと手間かけて数値データを%表示にしてあげるとさらに確認ができていいのではないかと思います。

グラフを選択した状態で「+」ボタンをクリック→データラベル横の三角をクリック→その他のオプションをクリック

Excel2016の円グラフで%表示にする方法 その他のオプション
Excel2016の円グラフで%表示にする方法 その他のオプション

画面右側に設定画面が表示されます。初めは「値」にチェックが入っていますのでチェックを外します。次に、パーセンテージのチェックを入れます。

Excel2016の円グラフ。データラベルオプションをパーセンテージに変更する
Excel2016の円グラフ。データラベルオプションをパーセンテージに変更する

これでグラフ内のデータは%表示になりました。このままでもいいのですが、%表示の数字を小数点第1位まで表示させるには次の方法を使います。

この画面の下に「表示形式」というのがあります。カテゴリ→パーセンテージ、小数点以下の桁数を「1」と入力します。

Excel2016の円グラフデータラベルのパーセンテージ。小数点以下の桁数
Excel2016の円グラフデータラベルのパーセンテージ。小数点以下の桁数

これで円グラフのデータラベルを%表示にすることができました。

円グラフのデータラベルに分類を表示する方法

これでずいぶんグラフは見やすくなったかと思います。もうひとつ工夫できるところといえば、データラベルに分類(凡例に書かれているもの)も表示させることでしょうか。

先ほどのデータラベルの設定と同じ手順で、分類にチェックを入れます。

先ほど設定した%表示に分類(凡例)が追加されました。

グラフ内に表示されたデータラベルは移動できる

上記の操作を行うとグラフ内にデータラベルが挿入されますが、見づらいと思ったらデータラベルを移動させることができます。

まず、グラフ内のデータラベルをクリックします。するとすべてのデータラベルが選択された状態になります。再度、移動させたいデータラベルをクリックすると他の選択が外れます。データラベルが8個のハンドル(〇)と薄い辺で囲まれた状態になっていることが確認出来たら、辺の上にマウスポインタを合わせ、図のようなマウスポインタになったらドラッグします。

データラベルが移動しますので、任意の場所までドラッグしましょう。

どうでしょうか、すこしは見やすいグラフになったでしょうか。

グラフがあることでデータを視覚的に伝えることができるのでいろいろな場面でぜひ活用いただければと思います。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする