【Excel2016】家計の支出割合をグラフにするなら円グラフにしてみよう

先日の授業で、家計簿の作り方をご紹介したところ、家計簿の支出割合をグラフにすることはできないかというご質問がありました。

家計簿の支出の割合をグラフにすることができれば、支出全体から見てどの費目が多くを占めているのかが一目瞭然ですね。割合をグラフにするなら円グラフが良さそうです。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Excel2016で円グラフを作る方法

まず、Excelでグラフを作成するには、グラフにしたい範囲を選択します。

今回は以下のようなサンプルデータを作成して円グラフを作成する流れをご紹介します。

上の表を見ていただくと反転している部分が選択された状態です。合計の行は選択されていませんね。そうです、合計の値は円グラフにする必要がありません。選択しないようにしましょうね。

では、グラフを作成していきます。<挿入>タブをクリック→「円またはドーナツグラフの挿入ボタンをクリック→2-D 円の一番左にあるグラフをクリックします。

円グラフが完成しました。

これでもいいのですが、もう少し設定を加えると見やすくなります。

Excel2016の円グラフを見やすくする設定あれこれ

円グラフというのはパッと見て割合がイメージできればいいので、作成したまんまでも問題はないのですが、いくつか設定を加えてあげると円グラフと表を行ったり来たりしなくても、円グラフを見るだけで得られる情報が増えます。

円グラフの中に値を表示するなら「データラベル」を使おう

円グラフの中に、支出の費目ごとの値を表示させることができます。

円グラフを選択した状態で、グラフの右上にある「+」ボタンをクリック→グラフ要素の中にある「データラベル」のチェックを入れると、円グラフの中に支出の費目ごとの値を表示させることができます。

Excel2016で円グラフを使ったときのデータラベル設定
Excel2016で円グラフを使ったときのデータラベル設定

円グラフに表示させた値を割合が分かるパーセント表示にするには

円グラフの中に表示させている値。そのままでもよいのですが、これがパーセントで表示されていると、より説得力のある、割合の似通ったものでも比較ができる情報を円グラフを見る人に読み取ってもらえます。

円グラフを選択した状態で「+」ボタンをクリック→データラベル横の三角をクリック→その他のオプションをクリック

Excel2016の円グラフで%表示にする方法 その他のオプション
Excel2016の円グラフで%表示にする方法 その他のオプション

Excelの画面右側にデータラベルのウィンドウが表示されます。

ラベルオプションの「値」のチェックを外し、「パーセンテージ」をチェックを入れ直します。

Excel2016の円グラフ。データラベルオプションをパーセンテージに変更する
Excel2016の円グラフ。データラベルオプションをパーセンテージに変更する

先ほどの表示されていた家計簿の費目ごとの値が、パーセント表示になりました。

円グラフのデータラベルで表示した%。小数点を表示させる方法

データラベルで%にしたのはいいけれど本来の割合の数値に近づけるには小数点を表示させた方がより比較がしやすいですね。

データラベルの設定を追加していきましょう。

円グラフを選択した状態で「+」をクリック→データラベル横の▼をクリック→その他のオプションへと進みます。

データラベルの書式設定が右側に開いてきます。その中から「表示形式」をクリックします。

「小数点以下の桁数」に「1」と入力すれば小数点以下第1位まで、「2」と入力すれば小数点以下第2位まで表示できます。

Excel2016の円グラフデータラベルのパーセンテージ。小数点以下の桁数
Excel2016の円グラフデータラベルのパーセンテージ。小数点以下の桁数

これでもずいぶん見やすくなりましたが、各色が何を表しているのかが円グラフを見るだけで分かるといいかもしれません。そんな時は、円グラフのデータラベルの「分類」を使いましょう。

円グラフのデータラベルの設定「分類」を使えば各色が何を表しているかが分かりやすい

先ほどの%表示の設定と同じく、データラベルの書式設定を右側に表示させます。ラベルオプションの中にある「分類名」にチェックを入れると、各色が何を表しているかを円グラフ上に表示させられます。

円グラフのデータラベルは好きな位置に移動させられる。

上記の操作を行うとグラフ内にデータラベルが挿入されますが、データが細かいと分類と%表示が重なって見えづらくなることがあります。そんなときは、このデータラベルを任意の場所に移動させ、重ならないようにすることができます。

まず、グラフ内のデータラベルをクリックします。するとすべてのデータラベルが選択された状態になります。

移動させたいデータラベルを再度クリックすると他の選択が外れ、ひとつだけが選択された状態になります。

データラベルが8個のハンドル(〇)と薄い辺で囲まれた状態になっていることが確認出来たら、辺の上にマウスポインタを合わせ、図のようなマウスポインタになったらドラッグします。

データラベルが移動しますので、任意の場所までドラッグしましょう。

どうでしょうか、すこしは見やすいグラフになったでしょうか。

Excel2016での円グラフ作成について、まとめ。

グラフのもとになる表を作成し、グラフの中に入れ込みたい範囲を選択しておいて円グラフを設定するとグラフを手順少なく作成することができます。

そのままでもいいですが、グラフのデータラベルや表示形式を変更することでより見やすいグラフを作ることもできます。

今回は家計簿の収支のまとめを使って円グラフを作成しました。この収支のまとめを行うには絶対参照と四則演算をうまく組みあわせつつ、関数をひとつ使ってもらうだけです。

現金出納帳を作成する方法については別記事にまとめましたので、よかったらご一読ください。

Excel2016で現金出納帳を作ろう
2月も終わり、明日から3月です。となると、そろそろ年度末の忙しさが聞こえてきそうです。が、この時期に増える相談というのが、年度末に向けた総会...

会計報告書の作成方法についても別記事にまとめました。

Excel2016で会計報告・収支報告を作る方法
以前、Excelで作成した会計報告書に▲表示を付けたいというご相談がありましたが、そもそものExcelを使った会計報告書の作り方を知りたいと...
パソコン教室の先生
パソコン教室の先生

市内の60歳以上の方を対象としたパソコン教室でインストラクターをしています。授業の中でお話している内容やパソコン相談会でお受けするご相談などについて書いています。

高齢者のためのICT教室については本サイト「高齢者のためのICT教室」についてお読みください。お問い合わせには随時対応させていただいておりますが、時間がかかりますことをあらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします




スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする