InternetExplorer11のタイトルバーが突然消えた!

geralt / Pixabay

担当しているパソコン教室でのインターネットの授業をしているとき、ある生徒さんから呼ばれました。画面を指さし、「インターネットの上にあるタイトルバーが消えた」とおっしゃいます。タイトルバー?ツールバーやメニューバーじゃなくて?画面をのぞき込むと確かにタイトルバーが無くなっています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

Windows8のInternetExplorerの怪~デスクトップ版とアプリ版がある?

実は、その方のパソコンはWindows8でした。Windows8の場合、InternetExplorerにはデスクトップ版と呼ばれているものとタッチ操作のできるアプリ版という2つのブラウザが存在しています。

デスクトップ版というのはWindows8以前のパソコンにも採用されていたブラウザ、もうひとつのアプリ版はWindows8以降に登場したものです。

※ちなみにWindows10には、InternetExplorerとMicrosoft Edgeが入っています。

この場合、このままでも使用はできますが、タイトルバーが無いのはおかしい、気になるということだったので、その変更方法についてお伝えしました。

Windows8でInternetExplorerをデスクトップ表示に切り替える方法

まず、InternetExplorerの画面上で右クリックする、もしくは画面の下の方から上に向かってすっとマウスを移動させると、画面下側に黒いバーが表示されて、ボタンがいくつか並んでいると思います。

その中から「ページツール」ボタンをクリック(ペンチみたいなマークです)。

メニューの中から「デスクトップで表示する」をクリック

すると、以前から使用していたInternetExplorerの画面と同じになり、タイトルバーやメニューバー、ツールボタンが表示されます。

Windows8でInternetExplorerを常にデスクトップで表示する方法

上の操作をしてもらえば切り替え表示ができるようになりますが、何度もこの操作をするのは面倒、いつもこの表示がいいというお話になったので、常にデスクトップ表示になるように設定を変更しました。

上記の操作をし、デスクトップ表示に切り替えた後、画面右上にある「ツール」ボタンをクリックし、一覧から「インターネットオプション」をクリックします。

「プログラム」タブをクリックし、以下の項目のチェックを入れます。

Internet Explorerタイルをクリックするとデスクトップで開く

これでOKボタンをクリックしてもらえば常にデスクトップ表示になります。

Windows8のブラウザについてまとめ。

Windows8以降のパソコンは、画面を指でタッチする操作ができるようになりましたね。その影響でこのような一瞬ドキッとするような表示になってしまうということがあるのでしょう。

といっても、Windows8が発売されたころは、Windows自体はタッチ操作に対応しているとしても、パソコン本体、つまりパソコンの画面がタッチ操作に対応していないという、宝の持ち腐れ状態のパソコンの方が市販されていました。

そのころにパソコンを購入された方にとっては、タッチ操作に対応しているのにパソコンの画面は対応していない、という状態になってしまうという現象が起きてしまったわけですね。

インストラクターとしては、このタッチ操作に対応しているパソコンって見た目では分からないので、「ここは~」なんて言いながら画面に触れてしまうとキーボードがぽこっと画面に表示されたり、先に進んでしまったりするので、ちょっと扱いづらいです。

それでもマウス操作が難しいんだという方には、指で直接的に触れて操作できるというのはひとつの選択肢になっていくんでしょうね。

記事下
高齢者対象のパソコン教室の先生

今日もお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせ、ご質問などはお問い合わせより承っております。
この記事を書いている人に関することは本サイト「高齢者のためのICT教室」についてに書かせていただいております。

ブログランキングに参加しています。応援ぽちっとお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする